100人女性がいれば「100通りの体型」「100通りの人生」がある! ありのままの自分を愛したくなる写真集『Underneath We Are Women』

写真拡大


オーストラリアのフォトグラフィック・アーティスト、エイミー・D・ハーマン(Amy D Herrmann)さんが、クラウドファンディング Kickstarter に興味深いプロジェクトを立ち上げました。

『Underneath We Are Women』というタイトルの写真集に登場するのは、ランジェリー姿の個性豊かな女性たち。ぽっちゃり体型の人もいればスレンダーな体型の女性もいるし、片腕が欠損しているなど、なんらかの障害を持っている女性の姿もあります。

【みんな違ってみんないい】

100人女性がいたら、100の異なる体型があって、100通りの物語がある。

当たり前のことなのだけれど、この事実をすんなりと認めてくれない世の中、そしてどこかで認めようとしていない自分自身。だけど人は本当に多様だし、外見からはうかがい知れないパーソナリティーを、それぞれが持っている。

『Underneath We Are Women』には、さまざまな人生を歩んできた女性たちの正直かつありのままの姿、生きざまが、生き生きと写し出されています。

【外見からは想像もつかない物語がある】

Underneath とは、何かの下に隠れた、という意味。ハーマンさんは、Kickstarter にこう掲載しています。

「太っている女の子は、実は週に4回ジムに通っていて、パーソナルトレーナーになることを目指している。やせっぽちの女の子は実は末期のガンを患っているし、誰がどう見ても美しい女の子は、人知れず深い落ち込みに耐えている。一方で、障害を持っている女性は申し分なく有能だ」

【あなたにはどんなメッセージが聞こえる?】

外見だけで、その人となりを判断することはできない。それなのに、「この人はこうなのだ」と赤の他人が断定することは、傲慢なことなのだ。

『Underneath We Are Women』に登場する女性たちを眺めているとおのずと、そんなメッセージが心の中に響いてくるのです。

【さあ、自分をめいっぱい愛してあげよう】

「『私たちは自分自身を愛すことができるのだ』ということを人々に知ってもらうために、この本を作りました」と、ハーマンさん。

ありのままの自分を受け入れる手助けをしてくれるかもしれない写真集『Underneath We Are Women』の支援ができるのは、2016年9月7日まで。本品を手に入れられるコースは約6500円からとなっております。気になった方はさっそく、Kickstarter をチェックしてみてくださいっ

参照元:Kickstarter
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る