写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は8月24日、新型「CLA」および「CLA シューティングブレーク」2車種・8モデルの販売を同日より開始すると発表した。

新型CLAおよびCLA シューティングブレークは、スイッチ操作で4つのモードを設定可能な「ダイナミックセレクト」を標準装備。「Comfort」「Sport」「ECO」の3つから選んだモードに応じてアクセルレスポンス、トランスミッションのシフトポイント、ステアリング特性などさまざまなパラメータを変化させ、走行環境に応じて走行モードを切り替える事が可能。「Individual」モードでは、ドライバーの好みで自由に設定をカスタマイズできる。

運転支援機能としては、自動緊急ブレーキで追突を回避する「アクティブブレーキアシスト」や、長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を検知して注意をうながす「アテンションアシスト」などの安全機能、パーキングアシストリアビューカメラが標準装備となっている。

また、全モデルがApple CarPlayおよびAndroid Autoに対応し、いずれの機能もスマートフォンをCOMMANDシステムにケーブル接続するだけで、スマートフォンのインターフェースをCOMMANDディスプレイ上に表示・操作することが可能。これにより、スマートフォンでの目的地案内や、音楽再生、メッセージの送受信が利用できる。

「CLA 180」「CLA 180 シューティングブレーク」は1.6l直列4気筒BlueDirectターボエンジンを搭載し、最高出力90kW(122PS)と最大トルク200N・mを実現。燃費は「CLA 180」が17.4km/l、「CLA シューティングブレーク」が16.2km/lとなっている。前後のバンパー付近の障害物を感知して接近状況をインジケーターやアラーム音で知らせるパークトロニック、LEDヘッドヘッドライトやアダプティブハイビームアシストなどを備えながら300万円台の価格を実現した。

「CLA 180 スポーツ」「CLA 180 シューティングブレーク スポーツ」は「CLA 180」および「CLA 180 シューティングブレーキ」の内外装にAMGデザインを採用し、メモリー付フルパワーシート(運転席)、クライメートコントロール(左右独立調整)などを標準装備している。

「CLA 250 SPORT 4MATIC」「CLA 250 SPORT 4MATIC」 は、前後バンパーにレッドライン付AMGデザイン、designoレッドシートベルトなど随所にスポーティなデザインを採用。2.0l直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンエンジンを搭載し、最高出力160kW(218PS)および最大トルク350N・mを発生させる。燃費は両モデルともに13.8km/lとなっている。また、俊敏性と快適性を高いレベルで両立する電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムを搭載しているほか、「C(Comfort)」「S(Sport)」の2つのモードで走行状況に応じて減衰特性を調整可能となっている。

「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC シューティングブレーク」 はAMG2.0l直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力280kW(381PS)と最大トルク475N・mを実現した。燃費は両モデルとも12.6km/l。また、「メルセデスAMG GT」にも採用されている電子制御ダンピングシステムを搭載した「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」が標準装備となっている。

各モデルの価格は以下の通り:

・CLA 180: 379万円
・CLA 180 シューティングブレーク: 395万円
・CLA 180 スポーツ: 435万円
・CLA 180 シューティングブレーク スポーツ: 451万円
・CLA 250 SPORT 4MATIC: 579万円
・CLA 180 シューティングブレーク スポーツ: 595万円
・メルセデスAMG CLA 45 4MATIC: 773万円
・メルセデスAMG CLA 45 4MATIC シューティングブレーク: 789万円

(神山翔)