【長谷川豊】ミッツさんのコメントに批判書き込みをしている変な人たちに足りない2つの視点

写真拡大

タレントで女装家のミッツ・マングローブさんが「5時に夢中!」の中で発したコメントで炎上している、と伝えられています。

吉田選手の決勝敗退を番組で取り上げたときに、司会のふかわりょうさんが「これは泣けました」と吉田選手の心情を察するように語った時、ミッツさんは「ふかわさんは心の綺麗な方なんだよね」「涙がひと粒も出なかった。かえってしらけちゃって」と発言した、と伝えられました。

で、いつものことなんですけれど、ネットニュースの見出しだけ見た変な人たちから怒りのコメントが大量投入。

ホントねぇ……

こういうコメント書いてくる人たち、ミルク飲めよ、ミルクを。カルシウムを取って深呼吸してほしいものです。

言いたいことは2点あります。

第1に……断言しますが……
そういう人たち……ネット記事見ただけでオンエア見てないでしょ? 本当に面倒くさい…。
人の批判には「責任」が生じます。なので、ちゃんと事態を分かった上ですべきです。
なぜ私がそれらの行為を批判するかというと、その感情や行動は「戦争を産む行為」だからです。

「ドイツ人以外は最低の連中なんだ!」
「ドイツ人以外は攻撃されて当然なんだ!」

そのまんま信じるから戦争になるんです。ユダヤ人がどういう人間なのか、まず自分で会いに行けよ。まず自分でちゃんと調べろよ、と言いたくなる。それだけで理解し合える相手であることが分かるはずです。

ネットにミッツさんの批判コメントを必死に書き込んでる人たち……「5時に夢中!」って番組、知ってんのかい? 見てんのかい? 見てたら、こんな書き込み、するわけないだろ。もともと……

問題発言をしてナンボの番組だわ!! アホか!!(わからない人は見てみてね)

こういうことを書くと
「じゃあお前も書き込みをした一人一人に取材したのか!」
とか書いてくる人がいるんですが、私は、自分のレギュラーも同局であるので「5時に夢中!」がどんな番組か(事実1)。その事実を踏まえた上で「この番組におけるこの手の発言は毎日のこと」(事実2)という……いくつかの事実(ファクト)を踏まえて、そこから推察される話を書いているんです。これを立論と言います。面倒なコメントやめてね。アホの相手は疲れるので。

第2に日本では「様々な価値観が認められている国」であるという常識がない点です。

憲法を読んでほしいんですね。13条にしっかりと書いてあります。日本は様々な価値観・考え方・宗教などが認められ、21条では言論の自由も認められているのです。

こんなこと言いながら、私だってあの吉田選手のインタビューには感動した一人です。でも、そんな当たり前のコメントは「5時に夢中!」では求められてないのよ。そういう番組なんだから。なので、ミッツさんは「こんなテンションやこんな意見もありますよ」と言ったにすぎません。

何を批判してんだ? 何を?

「へーそういう人もいるんだー」でいい話です。

文句言って変な書き込みしてる暇な人たち、「5時に夢中!」と「バラいろダンディ」は一度見てください。絶対に面白いので。問題発言しかしてないから。でもいいのです。それが「表現の自由」なのです。

「5時に夢中!」を毎日のようにチェックして、ちゃんと見た上で
ミッツさんの個人的意見だ、ということを踏まえた上で

それでも批判したいんなら、その時はご自由にどうぞ。それ以外の、あのミッツさんのコメントにくだらないことをガーガー書き込んできている人たちは皆さん、日常生活でストレスがたまってるだけです。ほっときましょう。

いいじゃんね。その程度の発言。スルーしろよっての。

長谷川豊(Hasegawa Yutaka)