ゲームセンター初のVR動画視聴サービス、タイトーが8月26日開始。進撃の巨人や攻殻機動隊など16タイトル

写真拡大

タイトーは、ゲームセンター初のVR動画視聴サービス「VR THEATER」を8月26日から提供を開始します。場所は千葉県の「タイトーステーション セブンパークアリオ柏店」。店頭カウンターでVRヘッドセット「Gear VR」をレンタルし、専用ブースでVRコンテンツを視聴する形式です『VR THEATER』は、インターピア開発のコンテンツ課金・店頭決済システムと、VR動画サービス「VR CRUISE」が連携したサービスです。13歳以上であれば利用できるサービスで、これまでネットカフェに向けて提供していましたが、今回初めてゲームセンターでも導入されることになりました。

視聴可能作品は、「VR CRUISE」掲載コンテンツのほか、「進撃の巨人展360°体感シアター"哮"」「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」など計16タイトル(2016年8月現在)。

料金はコンテンツによって異なりますが、300円からとなります。2016年はVR元年と言われていますが、いよいよ街のゲームセンターでもVRを見かけるようになるかもしれません。

流行りの「VR」がはらむ犯罪の危険。装着中は無防備、どう身を守る?