寝る前にヨガでリラックス!

写真拡大

1日わずか10分のヨガを就寝前に行うことで、女性の最大の悩み「更年期症状」が改善することが、明治安田厚生事業団体力医学研究所の研究で初めて科学的に実証された。

研究成果は、北米更年期学会の専門誌「メノポーズ」2016年8月号に発表された。

「顔がほてる人」も動きが優しいヨガなら安心

閉経前後の5年間は、ホルモンバランスが乱れることで起こる「更年期障害」に悩む女性が多い。「顔がほてる」「眠れない」「疲れやすい」といった症状が出るほか、更年期女性の4人に1人がうつ状態になるという調査もある。

これまでにも、ジョギングやエアロビクスなど中強度以上の運動が更年期症状とうつ状態を改善することは報告されてきた。だが、激しい運動をすると、かえって「ほてり」が出やすくなる人が多い。また、更年期女性の多くは仕事や家事に忙しく、運動のための時間が取りづらいという問題もあった。しかし、運動強度が低いヨガなら、夜寝る前に布団の上などで簡単に行なうことができる。

そこで、同研究所の甲斐裕子主任研究員らのグループは、何らかの更年期症状を抱える働く女性40人(平均年齢51.1歳)の協力を得て、ヨガのストレッチを毎日寝る直前に10分間行う20人と、ヨガを行わない20人に分け、3週間後に両グループの症状の変化を調べた。症状の検査は、医療機関でよく使われる自己申告による「簡易更年期指数」と「抑うつ度指数」を用いた。

行なったヨガのポーズは、「英雄のポーズ」「鶴のポーズ」「子どものポーズ」「バッタのポーズ」「全身の伸び」「死者のポーズ」の6つだ。この6つを組み合わせて全身をリラックスさせた。その結果、何もしなかったグループでは、更年期症状と抑うつ度を示す数値はほとんど変わらなかったが、ヨガを行なったグループでは、両方の数値とも正常なレベルにまで低くなった。

身心がリラックス、寝付きもよくなる

更年期症状は、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、自律神経が乱れることで起こるが、ヨガが心身をリラックスさせる副交感神経を活性化させ、自律神経のバランスを回復させた、と研究グループでは推測する。また、寝る前に行なうことで寝付きもよくなったという。

今回の結果について、甲斐研究員はこうコメントしている。

「更年期症状によって十分に能力を発揮できなかったり、抑うつ状態を放置してうつ病に進行すると長期の休職につながったりする女性が多くいます。手軽にできるヨガが働く女性の健康支援策の1つとして活用されることを期待します」