様々な記録がかかるイ・ボミの活力は“海の幸”!?(撮影:ALBA)

写真拡大

<ニトリレディス 事前情報◇24日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>
 先週の「CAT Ladies」を優勝し、昨年制した舞台に乗り込んできたイ・ボミ(韓国)。今週はツアー制施行後史上最速通算20勝、出場試合3連続優勝、連覇と様々な記録がかかっている。
箱根決戦の模様も!イ・ボミフォトギャラリー
 
 ボミは今日のプロアマ戦で1年ぶりに小樽カントリー倶楽部をラウンド。印象は「今日は下がウェットで去年より長く感じました。18番のティーが前に出て優しくなったけど、それ以外は難しくなっていると思う」。昨年、多くの選手が苦戦した名門コースへの警戒を強めた。
 また、今年から4日間大会になったことにも注意を払う。「体力勝負になるでしょうね。コースが難しいので色々考えないと良いプレーができない。でも、考えるほど疲労は溜まる。最後まで体力を残して集中力を保った人が優勝すると思う」。先週プレーオフを戦い、「まだ疲れています」と話すだけに力配分が大きなカギとなりそうだ。
 そんなボミは今週から「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」まで3試合続く“北海道シリーズ”の間はずっと北の大地に根を張る予定。かなりの長丁場となるが、それは楽しみでもあるようだ。
 「最近は食べることで解消できるストレスが多くなった気がします。北海道は特にご飯がおいしいので色々食べたいな。ちょっと太っちゃったけど、その楽しみがないと」。とはいえ試合中は食当たりなどを警戒し、生ものを口に入れられないため、食べられるものが限られる。だから、来週の月曜日に大好きなお寿司のお店を予約した。ボミにとって、優勝への原動力、まさに鼻先の“ニンジン”か。
 「昨年清水さんが誕生日祝いでごちそうしてくれたお店です。今週はそれを美味しく食べられることを目標に頑張ります(笑)」。極上のネタは記録達成祝いだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】イ・ボミのバースデー優勝を決定づけた“縦の精度”
史上最速20勝、3連勝、連覇…イ・ボミにかかる記録まとめ
来年も“韓流美人”到来の予感 8頭身ユン・チェヨン、アン・シネらがファーストQT突破
【WITB】イ・ボミ、バースデーV達成を支えた磐石セッティング
お化けも幽霊も嫌い!肝試しなんて意味が分からない!【キム・ハヌルコラム第26回】