いったい何が起きたのか(写真はイメージ)

写真拡大

俳優の高畑裕太容疑者(22)が、ホテル従業員の女性に乱暴したとして2016年8月23日、強姦致傷容疑で逮捕された。調べに対して「女性への欲求を抑えきれなかった」と話しているという。

映画の撮影のために宿泊していた先で起こした今回の事件。数日後には日本テレビの「24時間テレビ」で番組パーソナリティーを務める予定だった。多くの人に迷惑をかけると分かっていたはずなのに、それでも性衝動を抑制できなかったのは、なぜか。

「性的空想」を「実行」し、法的困難を経験しても止められない

高畑容疑者の逮捕後、過去に本人が自らの性欲について発言していた内容がクローズアップされている。2016年8月24日付のサンケイスポーツ電子版によると、2015年8月に放送されたバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、「性欲が強くて、あんまりしゃべったことない人にも『おっぱい』とか言いたくなっちゃう。下ネタも好き」と話していた。ツイッター(現在は非公開)でも以前、性欲にかられている様子をツイートし、そのスクリーンショットがインターネット上に出回っていた。

こうした発言は冗談の可能性もあるが、売出し中だった若手俳優がテレビやネットで公言するには違和感もある。

現時点で、高畑容疑者の動機は詳しくは分かっていない。ただ、本人の「女性への欲求が抑えられなかった」という告白、また過去の「性欲が強い」発言が事実だとしたら、自力で性欲をコントロールできない状態にあった可能性も否定できないだろう。

性的衝動が暴走し、犯罪行為にまで行きついてしまう――こうした状況は「性的嗜好障害」の恐れがある。一般には「セックス依存症」「性依存症」の名で知られるが、いずれも正式な診断名、障害名ではない。性障害専門医療センター(SOMEC)のウェブサイトでは、性的嗜好障害をこう定義している。

「繰り返し性的空想を持つことで本人が甚大な苦痛を感じていたり、またはその空想を、性的衝動を実行し続けることで、法的、対人的、社会的困難(逮捕・服役、離婚、解雇等)を経験し、それでもコントロールできない性的嗜好」

多くの女性と不倫関係を持ったタイガー・ウッズ

性的嗜好障害で治療を受けた有名人のひとりが、米プロゴルファーのタイガー・ウッズだ。ゴルフで数々のビッグタイトルを獲得しながら、私生活では多数の女性と不倫関係を持っていた事実が明るみに出た。一時は大会の出場から遠ざかり、多くのスポンサーからは契約を解除され、妻とは離婚するなど、散々な目にあった。

派手な女性遍歴で知られる米俳優のチャーリー・シーンや、在任中に女性スキャンダルが問題となったビル・クリントン元米大統領も性的嗜好障害だったとの指摘がある。

回復するためには、専門医の治療を受けるしかない。日本国内のクリニックのサイトを見ると、定期的な通院での治療が可能で、夜間診療を受け付けているところもある。

誰しも性欲はあり、性行為自体が問題ではない。だが、自分で性欲をコントロールできず他人をも巻き込むようになれば、痴漢や盗撮、果ては強姦といった重大犯罪になりかねない。自身の異変を感じたら、早めに医師のもとを訪れるのが一番だ。