■連載/大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺

今回取り上げるのは、しじみにこだわったラーメン。藤原製麺の『しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味』と北るもい漁業協同組合天塩支所の『天塩味しじみラーメン』だ。

酒席の〆にもぴったり!肝臓をいたわる「しじみラーメン」対決

しじみといえばオルニチン、オルニチンといえばしじみというのは健康商品のCMや通販番組でおなじみだ。で、オルニチンは肝臓によいとされていて、飲酒をする人が摂取するといいともいわれる。う〜ん、自分はアルコールがまったく飲めないのであまり関係ないか。まあ、疲労回復やら新陳代謝促進といった効果も期待できそうなので下戸にもそれなりにありがたいのかもしれない。

では今回の商品を作っていただいてみよう。

◆藤原製麺『しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味』

藤原製麺「しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味」

白クマ塩ラーメンでおなじみの藤原製麺が永谷園とコラボして作った一品。『1杯でしじみ70個分のちから』というと永谷園のお味噌汁の商品名としてご存知の方が多いだろう。オルニチン25mg含有がウリだ。

藤原製麺「しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味」

液体スープで作る半濁のつゆは、しっかりとした塩の味もするまったりとした味わい。ゆるくちぢれた中太麺は、シャッキリとした噛みごたえのあるシコシコ食感。かやくとして白ごま・ワカメ・ネギ入り。

◆北るもい漁業協同組合天塩支所『天塩味しじみラーメン』

北るもい漁業協同組合天塩支所「天塩味しじみラーメン」

漁業協同組合が出しているラーメンといえば、利尻漁業協同組合の『利尻昆布ラーメン』が有名だが、こちらは北るもい漁業協同組合というだけではなくて「天塩支所」までがつくローカル感満載の一品だ。

味は「天塩味」となっている。地名の天塩と塩味を合成したもののようだが、きちんと塩ダレの旨みが味わえる。具として殻つきのしじみが5個入り。これまでにいろんな具入り商品があったが、殻ごとのしじみ入りラーメンは初めてだ。

北るもい漁業協同組合天塩支所「天塩味しじみラーメン」

しじみと一緒にパックされていた汁も入れると貝の風味がつゆに広がり、磯の風味もきちんと楽しめる。麺はちぢれた太めの寒干し麺で、ガッシリとした噛みごたえのあるシコシコ食感。

【今回の即席レビュー(5点満点)】
       藤原しじみ 天塩しじみ
しじみ度   ★★★   ★★★★★
ヘルシー志向 ★★★★+ ★★★+

<この商品が好きな人にはこんな一品もオススメ!>

●藤原製麺『しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味生2人前』

藤原製麺「しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味生2人前」

藤原製麺が永谷園とコラボして作った『1杯でしじみ70個分のちから」オルニチン25mg含有がウリの一品。こちらはその生麺バージョン。

藤原製麺「しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味生2人前」

四角い断面でゆるくちぢれた中太麺は、しっかりとした噛みごたえのあるシコシコ食感。乾麺バージョンと違って、麺茹でとスープには別々の湯を使う。

藤原製麺「しじみのうまさギュッと濃縮しじみラーメン塩味生2人前」

液体スープで作る半濁のつゆは、ほんのりシジミやアサリの旨みがするまったり系塩味。かやくとして刻んだしじみ・白ごま・わかめ・ネギ入り。麺以外の要素は乾麺バージョンと同じようだ。

文/大山即席斎

1959年に生まれ。日清チキンラーメン登場の半年ほど後輩の同級生。80年の下宿生活開始でインスタント麺との付き合いが開始。35年以上毎日インスタント麺を食す日本屈指のインスタントラーメン研究家。95年テレビ東京の「TVチャンピオン 第1回インスタント麺通選手権」に優勝。今までに食べたインスタントラーメンは1万食を超える。

■連載/大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺