帯の推薦文は、脳科学者の茂木さん! 

写真拡大

子どもの教育で、悩みがちなのは「英語」かもしれない。始めるタイミングだけでなく、星の数ほど存在する幼児教室や教材を前に、一体どうしたらと途方にくれてしまいそう。

【写真を見る】これからの時代英語は必須だけど、まずは気負わず楽しくはじめるのが一番かも

そこで、親子で楽しく手軽にとりくめるものをご紹介。親子で楽しく聴けるミュージカルの名曲や童謡を、イラストと文章とともに紹介するCD絵本『CD2枚付 頭のいい子が育つ英語のうた45選』である。

収録曲は「トゥモロー」「オブラディ・オブラダ」「虹のかなたに」「雨に唄えば」など、ミュージカルや映画、CMなどでおなじみの有名曲や、「幸せなら手をたたこう」などおなじみの童謡も。思わず、お母さんがノリノリで歌って踊りたくなっちゃうかも。別冊歌詞BOOKには、全ての英語の歌詞にカタカナの発音表記がついているので、英語に苦手意識のあるパパ&ママも安心。

楽しいだけでなくきちんと理由があり、小さな頃から日常的に英語の歌を聴くと、将来的に英語の習得に役立つのだとか。具体的には、脳の中では「音楽」と「言葉」は深い関係にあり、言葉が音楽に合わせて脳に届くことで、前頭葉のブローカ野はより強く、深い活動が促されると説明されている。

まずはお遊びタイムのBGMからはじめてみるのは、いかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】