2020年に向けて、リオ五輪・開会式を振り返る

写真拡大

開催前には準備不足が危ぶまれたリオオリンピックも、蓋を開けてみれば、ブラジルらしい魅力的な大会になったといえるだろう。なかでも開催国の特徴が出るのは開会式だ。2020年の東京五輪に向けて、リオ五輪の幕開けをいま一度見てみよう。

Incredible. 😍#OpeningCeremony pic.twitter.com/eJEVShETkJ

「2020年に向けて、リオ五輪・開会式を振り返る」の写真・リンク付きの記事はこちら

- U.S. Olympic Team (@TeamUSA) August 6, 2016

過去10年ほどの間、夏期オリンピックの開会式は、1年の真ん中の見せ場として、真夏のブロックバスターとして、目がくらむような光景が大画面一杯に映し出され、思わず声をあげてしまうような大胆な演出が採用されてきた。

2008年、中国の映画監督・張芸謀(チャン・イーモウ)は緻密な挑戦を行い、大勢の太鼓の集団や豪華なLEDの中国風絵巻、操り人形によるオペラで北京国家体育場を演出した。

4年後、アカデミー賞受賞監督のダニー・ボイルが、ロンドンのオリンピックスタジアムの開会式の演出を引き受けた。開会式には煙を吹き出す煙突や高く上がる五輪のほか、ビートルズの『サージェント・ペパーズ』のジャケットのように、イギリスのポップスターと仮装した有名人(ミスター・ビーン、J・K・ローリング、ジェームスボンドに扮したダニエル・クレイグなど)が大勢登場した。

ロンドンの開会式は、演劇と歴史を組み合わせ、そこに少しのスターの力も織り交ぜて、映画『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督が演出した今年の開会式に対して(恐らく不当と言っていいくらいに)期待のハードルを高くした。

メイレレスとそのチームは、過去の開会式よりも低い予算で取り組んだにもかかわらず、ハイテクな演出とお金がかからずにできる工夫を組み合わせ、明るく強烈なイメージと壮麗な音楽、そしていくつかの社会的メッセージをもった、力に溢れた開会式を演出した。

Rio, you're stunning! #OpeningCeremony pic.twitter.com/mI3X5p4RL8

- NBC Olympics (@NBCOlympics) August 6, 2016

開会式は、ジルベルト・ジルの1969年のヒット曲「Aquele Abraço」(That Embrace)に乗せて、リオの街のアスリートたちを空からとらえた映像が映し出されるところから始まった。サッカー選手やスケートボードの選手が街を散策し、カヤックや水泳の選手が浜辺で寛ぎ、ハンググライダーが森林の上を飛ぶ。ここから、シーンはマラカナン・スタジアムに移り、そこではキラキラと光る素材をもつパフォーマーたちが踊った。

ここから開会式は、メインテーマのひとつに、つまり「環境」に移って行った。デジタルで映し出された波がスタジアムのフロアを照らし、パフォーマーたちが巨大な(そしてとてもクールな)昆虫の絵を抱えて歩き回った。これはアマゾン川とそこで生まれる生命を表現していた。

そして、たとえそれがどれほど難しくとも、クリエーターたちがこの地域の歴史を扱うことに尻込みしなかったことは賞賛に値する。ブラジルの原住民の子孫がステージに上がり、数世紀もの間ブラジルという国をつくるために貢献した奴隷たちへ敬意を表した。

一連の出来事には開放感があり、オリンピックという国際的なイヴェントこそが提供できる肯定感があった。過去を精算し、すべての人でいまを祝福できる、そんな機会となった。

多くのパートにおいて、今回の開会式は祝典を表すものであり、それは「動き」によって表現された。ハイライトのひとつは、アーバンパルクール(障害物を越えながら目的地に効率的に移動するための移動術)の探検隊が、地面から現れた都市のビル郡の屋根を飛び越えていったシーンである。

それから、音楽があった。「イパネマの娘」の作曲家トム・ジョビンの孫息子であるダニエル・ジョビンは、モデルのジゼル・ブンチェンが会場を歩くなか曲を演奏した。ジョルジ・ベンジョールエルザ・ソアレス(彼女は79歳だが、いまなお素晴らしい新曲を発表している)が登場した。それから会場は、ラッパーのカロル・コンカの世界へと導かれた。

そしてなんといってもダンスがあった。圧倒的なダンスだ! フロアはお祭り騒ぎをする人々で一杯になり、なかには輝くフリル付きのコスチュームを着た人々もいた。これは予算のない状況を最大限活用した素晴らしい瞬間だった。テレビ司会者のレジーナ・ケースはこの一言で締めくくっている。「ここは多様性の国。踊りましょう!」

開会式の終盤は、気候変動への認識を促すものとなった。これは堅苦しいナレーション、ややこしいインフォグラフィックス、たくさんの都市が海の中に沈むように見えるイメージがやや残念ではあったが、最後は少年が地面から植物を抜く素晴らしい瞬間で終わった。

今年の開会式は、ほかの年にあったようなブロックバスター的な輝かしさを欠いていたかもしれない。それでも式は予想を超えて美しいものとなり、選手たちの入場パレードの前のイヴェントとして素晴らしく、今大会を象徴するものとなった。

RELATED