写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デジタルガレージ(DG)とTISは8月24日、FinTech関連事業の開発などに向けた戦略技術開発会社「株式会社DG Technologies」を設立することで合意したと発表した。新会社の設立日は2016年9月1日を予定し、資本金は1000万円。出資比率はDGが80%、TISが20%。

DG Technologiesは、デジタルガレージがカカクコムおよびクレディセゾンと共同で設立したオープンプラットフォーム型の研究開発組織「DG Lab」と連携し技術開発を行いという。

DG Labは「ブロックチェーン」「人工知能」「VR/AR」「セキュリティ」「バイオテクノロジー」を重点分野とし、これらの分野で最先端の研究開発を行うが、「DG Technologies」は中でもブロックチェーン技術を活用したFinTech関連の技術開発と、DG Labでの研究成果を元に事業化段階に進む際に必要となるプラットフォーム技術の開発から着手するという。

DG Technologiesでは、ブロックチェーン以外の分野に関する技術開発についても、DG Labにおける研究段階から事業化段階に進むフェーズなどで個別のユーザー企業に向けた支援を行うという。

またTISは、DG Technologiesが開発するFinTech関連などの最新技術とプラットフォームを、クライアント企業向けのシステム構築に利用していく予定だという。

(丸山篤)