AV史上最大の問題作が『女犯』(1990年・V&R)だった。監督のバクシーシ山下のデビュー作であり、このとき弱冠23歳。無名のAV女優が撮影現場で複数の男たちから挑まれる。

「やりたくない……。帰っていいでしょう」

 女は泣き出す。ポンプ宇野という岩のような体格をした男優が「帰れると思ってるの?」と腕をつかむ。

「帰る。帰る」「セックスしようぜ」「やだ! 帰る!」「いい加減にしろよっ!」「いやだー! いやだー! もうやだー!」「静かにしてれば終わるんだよ!」「やだー!」「やらせろよ!」

 男たちが現れて次々と泣きじゃくる女を陵辱、女の顔は涙と精液で悲惨な状態になっている。それでも男たちは次々に発射していく。女は放心状態だ。画面は突然暗転し、作品は終わった。

『女犯』を見た視聴者は騒然となった。まさかレイプを目撃してしまったのか!? 警視庁が内偵に入ったという噂まで流れ、女性人権団体がバクシーシ山下監督に、女性蔑視の作品だと糾弾活動が巻き起こった。だが、山下監督は「あれは演出です」とのらりくらりと受け流す。業を煮やしたフェミニストが叫んだ。

「もしもあれがあなたの演出というなら、あなたは黒澤明以上の天才よ!」

『女犯』の真相を山下監督が打ち明ける。

「あの作品は、後味の悪さを狙ったもので、実は男たちをだましたんです。出演する男たちは、女は本気で嫌がってると思っている。

 でもあれは女の子に前もって打ち合わせしてるんです。“これから男たちに君は犯されるんだけど、本気で嫌がってくれ”って、女の子にそう説明したんです。男が本気で来れば、女はリアクションできるんですよね。女のほうが世界に入りやすいから」

 弄ばれていたのは男だったのだ。女は女優だ!

 そしてバクシーシ山下監督は黒澤明以上の天才だった。撮影終了後、出演者同士、ファミレスで食事して仲良く手をつないで帰ったという。

 素顔のバクシーシ山下監督はファッションデザイナーのようにおしゃれな優男で、異性に対しても紳士的、女性ファンも多い。

 どこまでが真実でどこからがフェイクなのかわからない作風はいまも健在で、河童が登場する『実録 妖怪ドキュメント 河童伝説』、この世に恨みがあって成仏できずに甦ってセックスする30代から70歳の熟女たちを描いた『熟女キョンシー』(共にセンタービレッジ)等、反モラルの作風はますます旺盛だ。

 いまや爆買い中国人たちが最も欲しているのは日本製AVであり、中国大陸には数十億枚の日本製AVが普及しているという。

 【バクシーシ山下】1967年生まれ。駒大在学中にAVのアルバイトを経て、V&Rに入社。『女犯』(1990年)でデビュー。山谷の日雇い労働者とAV女優の交接を描いた『ボディコン労働者階級』で物議を醸す。

●文・本橋信宏(ノンフィクション作家)

※SAPIO2016年9月号