ボルボXC60に「クラシック」モデルを追加し599万円で発売

写真拡大 (全4枚)

上質な装備を充実した新グレード

2008年のデビュー以来、世界でもっとも売れている車種であるXC60。今回、チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフ、本革シート、12セグ地上デジタルTV、フロントシートヒーター、モダンウッド・パネルと、上質な装備を充実した新グレード「XC60 クラシック」を発表した。価格は、XC60 D4クラシックが599万円、XC60 T5クラシックが629万円。

ボルボXC60 T5クラシックは、従来の2.5リッター直列5気筒エンジンから新開発パワートレインであるDrive-Eの2リッター直列4気筒ターボに変更した。245ps/350N・mを発揮し、燃費も従来モデルよりプラス11%となる12.3km/ℓ(JC08モード)を実現。トランスミッションは、新開発の8速ATを採用した。

2015年より導入された、クリーンディーゼル搭載のXC60 D4にもクラシックモデルをラインアップ。2リッター直列4気筒ターボディーゼルエンジンにより190ps/400N・mを発揮する。これにパドルシフト付き8速ATを組み合わせ、JC08モード燃費は18.6km/ℓを実現された。

また「XC60 D4 Classic/XC60 T5 AWD Classic」は、「歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム」や、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」をはじめとする10種類以上の先進安全技術を標準装備している。