【福田正博 フォーメーション進化論】

 いよいよ9月1日から1年間の長きにわたるワールドカップ(W杯)アジア最終予選が幕を開ける。 

 最終予選では12カ国が6カ国ずつの2グループに分かれてホーム&アウェー方式で戦い、それぞれのグループで成績上位2カ国が出場権を手にできる。

 グループ内3位となった場合でも、アジア最終予選の別組3位とのアジア・プレーオフに勝利し、北中米カリブ海予選4位の国との大陸間プレーオフを勝ち上がればロシアへの道はつながる。だが、最終予選でグループ2位以上に入るよりも厳しく、難しい戦いになるためそれは避けたい。

 日本代表と同グループには、オーストラリア、サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、イラク、タイが顔を揃える。現在の日本代表は、前回大会の予選を経験したメンバーが多いので、"普段通り"の実力を発揮できれば、間違いなく上位2カ国に入れるはずだ。

  しかし、"普段通り"が難しく、何が起きるかわからないのが最終予選でもある。日本代表は94年アメリカ大会予選の「ドーハの悲劇」で、初出場を手中にし かけながら涙をのんだ。また、94年アメリカ大会予選でのフランスや、2002年日韓大会予選でのオランダのように、本大会への出場が有力視されていた チームでさえ、歯車がひとつ狂ったことによって予選敗退の憂き目に遭った歴史があることを忘れるべきではない。

 8月10日に発表された最新のFIFAランキングでは、日本代表は49位。ライバル国はオーストラリアが57位、サウジアラビアが61位、UAEが74位、イラクが113位、タイが120位と、すべての国が格下に位置された。だが、FIFAランキングが実力を反映しているかといえば、必ずしもそうとは言えないことは周知の通り。たとえば、UAEとは2015年1月のアジアカップの決勝トーナメント1回戦で対戦し、PK戦で敗れた。決して楽観視できる相手ではない。

 9月1日に埼玉スタジアムでのUAE戦で幕開けする最終予選では、序盤4試合が重要と言える。グループ内最大のライバルと目されるオーストラリアとは、4戦目に敵地で対戦する。日本代表が苦手にする"高さ"と"パワー"を前面に出した攻撃をしてくるオーストラリア戦では、負けない試合をして少なくとも勝ち点1を奪うことが最重要課題になる。

 最初の4試合のうち、最も警戒しなければならないのは、第2戦にアウェーで対戦するタイ戦だろう。80年代まで日本代表が何度も煮え湯を飲まされた相手で、90年以降は低迷していたが、近年は若年代の強化に取り組み、その成果が着実に現れている。

  さらに、伸び盛りのタイ代表以上に厄介なのが、タイのサポーターだ。サッカー熱の高いタイでは、プレミアリーグやJリーグの人気も高く、日本代表のことも よく知られている。それだけにタイ代表が、日本を相手に互角の戦いを続けるほど、スタジアムの雰囲気は熱狂的になっていく。そうした時ほど、ジャイアント キリングは起こりやすい。

 日本代表としては、タイ代表が熱狂的な声援を背に勢いづく前にゴールを奪い、スタジアムの熱を上げさせないことが大切になる。

 4戦目までが重要なのは、アジア最終予選を有利に進めるためだけではない。ここで波に乗って勝ち点を伸ばすことができれば、リオ五輪代表組とベテランの融合を試みることができるからだ。

 第5戦を控えた11月11日には、オマーンとの親善試合が組まれているが、リオ五輪でいいパフォーマンスを見せたFW浅野拓磨やMF遠藤航、大島僚太、DF植田直通といった選手たちが招集される可能性は高い。

 日本代表のW杯ロシア大会の最終的な目標は、出場権獲得だけではなく、本大会でのベスト8やベスト4進出にある。これを成し遂げるには最終予選中に日本代表がひと回りも、ふた回りも成長する必要があるが、それには若手の突き上げが不可欠だ。彼らが現在のレギュラーからポジション奪取を狙うことで、激しい競争を日本代表にもたらすことに期待したい。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro
津金一郎/構成