長年愛された神奈川新聞花火大会、当分休止へ

写真拡大

神奈川新聞社は8月24日、毎年恒例の「神奈川新聞花火大会」について、今年8月2日に開催した31回大会をもって「当分の間、休止」すると発表した。

1986年に横浜・山下公園前面会場を舞台にスタートしたこの花火大会は、1995年の第10回大会からみなとみらい地区に舞台を移し、多くの横浜市民、神奈川県民に親しまれてきた。しかしみなとみらい地区の開発が進み、観覧場所が十分に確保できなくなったこと、そして安全上の問題から「今後の実施が難しくなり、これまでの方式による花火大会の開催は当分の間、お休みさせていただきます」(公式サイトのお知らせより)としている。

安全上の問題については、主催者側としても警察と連携しながら取り組み、今年も大きな事故は起きずに無事終了となったが、「一部の観覧者が道路に座り込んだり立入禁止区域に侵入したりするなど、安全管理上の課題」を残す結果に。こうした事態を重く受け止め、関係各所の声を参考に検討した上で、「当分の間、休止」という結論に至ったという。

同社は「神奈川新聞花火大会に期待していただいていた皆様の思いを、新たな催しにつなげられるよう検討していきたいと考えております。次にまたお会いできることを楽しみにしております」と、文書の最後を締めくくっている。