三越伊勢丹、バーチャル試着やAI導入で客との接点拡大を狙う

写真拡大

 「優しい未来」〜モノとテクノロジーの融合〜をテーマに秋のファッションやライフスタイルを提案する「2016彩り祭」が、三越伊勢丹グループ百貨店各店で8月24日からスタートした。ファッションとテクノロジーの融合で新規顧客の開拓や接点拡大を狙う。 彩り祭がスタートの画像を拡大

 9月6日まで開催する「2016 彩り祭」では、最新テクノロジーと衣食住の最旬ファッションを掛け合わせた近未来のライフスタイルを体験イベントとともに紹介する。伊勢丹新宿店本館2階の婦人靴売場では靴のバーチャルフィッティングを実施。Flickfitの「3Dスキャナー」で客の足を計測し、三越伊勢丹のプライベートブランド「ナンバー・トゥエンティーワン(NUMBER TWENTY- ONE)」の靴の内寸データと照らし合わせて着用時のフィット感をビジュアル化する。データ化された靴のモデル数は「ナンバー・トゥエンティーワン」が展開する商品の15〜20%にあたる約80〜90型。これまで通りの試着を無くすことが目的ではなく、選択肢外にあった靴との出会いを創出する。また同館地下1階=粋の座 和酒では、ユーザーが3本の日本酒を試飲した感想や、合わせて食べたいツマミをアプリに入力することで、用意された30本の日本酒の中からそれぞれの味覚に合わせた1本をセレクトする「AI利き酒師」を導入する。 本館2階センターパーク/東京解放区では、きゅんくんが制作したウエアラブルロボット「メカフクリオネ」が展示されるほか、「スタイリー(STYLY)」のVRショッピングが体験できる。各ブランドの世界観が表現されたバーチャル空間で「クロマ(chloma)」「ハトラ(hatra)」「バルムング(BALMUNG)」のアイテムを閲覧し、VRでアイテム下に表示されたバーコードをタップすることで商品の購入が可能となっている。「スタイリー」の高精細3Dスキャン技術により、生地の質感やディテールなどアイテムの細部まで表現された。■2016 彩り祭会期:2016年8月24日(水)〜9月6日(火)展開店舗:伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店公式サイト