【#コミケ90】美少女レイヤーさんにインタビュー!結さん!

写真拡大 (全6枚)

開催3日間で来場者数が約50万人以上!今年も大盛況のうちに幕を閉じた「コミックマーケット90」。
ニッチー!編集部では、今回も様々なコスプレイヤーさんたちを紹介させていただいたが、開催中に撮影させていただいた美少女レイヤーさんたちに、インタビューに答えてもらった!
9人目の本日は、「結(ゆう)」さんです!

――まずは、自己紹介をお願いします!

「結と申します。コスプレイヤーとして、また時々ハンドメイドアーティストとして活動しています。」

――今年の夏コミはいかがでしたか?

「『それいけ!アンパンマン』のバタコさんと、『甘い生活』の河野美也ちゃんのコスプレをしました。どちらも子どもの頃から慣れ親しんできたキャラクターで、数年温めていた計画だったので やっと果たせて達成感を得ています。河野美也ちゃんのコスプレでは Twitter上で作者の先生からコメントをいただいて感激しました。」

――コスプレを始めたのはいつですか?

「5〜6年前に友人を手伝って即売会でサークルの売り子をした際、せっかくだからと衣装を作ってコスプレをしたのをきっかけに、その後も細々と続けています。」

――コスプレの魅力は?

「元々縫い物が好きで、洋服などが作れたものの、いまいちそれを発揮する機会がありませんでしたが、日常では扱わないような材料を使って、変わったコスプレ衣装や小道具を作るのは大変やりがいがあります。作ったものを人に見てもらえる場があるというのも、稀有なことだと思います。」

――好きなコスプレやキャラクターは?

「昔から好きだったキャラクターや、自分の体格でも表現できるキャラクター、衣装を作るのが楽しそうなキャラクターを中心に選んでコスプレをしています。」

――コスプレをやっていて良かったことは?

「にっこり笑えるようになったことです。顔の筋肉を使って鍛えなければ、表情は作れないのだなと最近痛感しています。それから写真が残ること。コスプレという趣味を持っていなければ、時たま旅行に出た時の、上手く笑えていない失敗写真が数枚残るだけの人生だったのではないかと恐ろしく思います。」

――逆にコスプレをやっていて悪かったことは?

「衣装、ウィッグ、小道具、生地の収納場所が足りません。でもほとんど手作りで愛着があるので、手放すこともできません。」

――これからやってみたいコスプレは?

「1人で活動することが多かったので、複数人でのいわゆる『あわせ』をしていきたいです。また 未経験の男装にも1度は挑戦したいです。」

――結さん、ありがとうございました!

≪「結(ゆう)」さん情報≫

ツイッター:@alienaizeryou

(written by けいぼう)