ウゴウゴルーガの人気アニメ「ミカンせいじん」が復活!新シリーズ開始

写真拡大

1992年から1994年までフジテレビで放送されていた子供向けバラエティ番組『ウゴウゴルーガ』内のCGアニメコーナー「ミカンせいじん」。それがこの度、新シリーズショートアニメ「ミカンせいじん現わる」として復活することが発表されました。

放送は毎週木曜深夜に行われている『#ハイ_ポール』内にて。8月25日放送話からレギュラー放送として開始されます。

【関連:元祖音ゲー『パラッパラッパー』が新アニメで復活!8月18日にパイロット版放送】

ミカンせいじんは、イラストレーター白佐木和馬氏が学生時代に特撮ドラマを見ながらミカンに顔を書いたのが始まりのキャラクター。
かつて放送されたアニメでミカンせいじんは、ローカル3と呼ばれる超次元に存在するミカン星からやってきた地球侵略を企む宇宙人という設定で、独特の表情と、コミカルな動き、シュールなストーリーから人気を集めました。

さらには1993年には国産初のスクリーンセイバーとなったり、2005年には子供向けバラエティ番組『ガチャガチャポン!』内のアニメコーナーとして復活。また2005年から2012年にはフジテレビデジタルコミックサイト『週刊少年タケシ』にて、WEBアニメが配信されるなど根強い人気を誇っています。

今回放送される「ミカンせいじん現わる」は、1話約20秒のショートアニメ。『#ハイ_ポール』90分の枠の中で数回放送されます。

場面カット