(写真=PJB sports)バトミントン日本代表ヘッドコーチを務めるパク・ジュボン

写真拡大

リオデジャネイロ五輪で大躍進を遂げたバドミントン日本代表。女子シングルスでは奥原希望が銅メダル、女子ダブルスでは高橋礼華&松友美佐紀ペアが日本バドミントン史上初の金メダルを手にした。

そんなバドミントン日本代表のヘッドコーチを務めているのが、韓国人であることをご存知だろうか。
 

就任時のバドミントン日本代表は勝負に淡白だった

その名は朴柱奉(パク・ジュボン)。1964年生まれの52歳で、韓国ではかなりの有名人である。現役時代はシングルス公式戦103連勝、国際大会の優勝67回という前人未到の記録を打ち立て、1992年バルセロナ五輪では男子ダブルスで金メダルを獲得。韓国では“シャトルコックの皇帝”、“バドミントンの神”とも言われている。

しかも、その名は世界にも轟き、バドミントンが盛んなマレーシアやインドネシアでは今もサイン攻めになるほどの絶大な人気を集めている。韓国では彼の名を冠した『PJBスポーツ』というバドミントン・ブランドもあるほどなのだ。

そんな朴柱奉がバドミントン日本代表のヘッドコーチに就任したのは2004年11月のことだった。

2008年北京五輪では末綱聡子&前田美順ペアがベスト4進出、2012年ロンドン五輪では藤井瑞希&垣岩令佳ペアが銀メダルを獲得。着実に結果を残してきた。

軋轢を乗り越えて改革を実施

思い出すのは2013年5月、朴柱奉ヘッドコーチにインタビューしたときに語っていた言葉だ。

「私が初めて日本に来たとき、バドミントン日本代表はアテネ五輪に13人の選手を送り込んでいましたが、1回戦を突破したのは1人だけで、残り全員が初戦敗退でした。日本選手は攻撃力や技術など、世界と比べて見劣りしませんでしたが、勝ちたいという欲が欠如していた。負けても“仕方ないですね”と割り切っていた姿には正直、驚きましたよ」

そして取り組んだのが勝負欲の注入でもあったと言っていた。レベルの高い国際大会に次々と出場させたり、それまで形式的だった代表合宿も大改革。その過程ではかなりの軋轢もあったそうだが、勝者のメンタリーを植付けるために徹底したらしい。

男女で変化を加えた練習方法

強化方法にも、男子と女子でそれぞれ工夫も凝らした。

「選手の所属先関係者や協会幹部から理解を得るのが大変でした」と語りながら浮かべていた苦笑いが、つい昨日のようでもある。
(参考記事:韓国の英雄パク・ジュボンはバドミントン日本代表にどんな変化をもたらしたのか

母国・韓国を連破した因縁めいた宿命

因縁めいているのは、その朴柱奉ヘッドコーチらに鍛えられた日本の選手たちが、韓国女子バドミントン界のエースを打ち負かしてしまったことだ。

高橋礼華&松友美佐紀ペアが準決勝で破ったチョン・ギョンウン&シン・スンチャン組は有力なメダル候補とされていただけに、韓国のメディアや試合をテレビで見守っていた視聴者たちも衝撃を隠せない。

しかも、チョン・ギョンウン&シン・スンチャン組だけでなく、“韓国バドミントン界の公主(=プリンセスという意味)”ソン・ジヒョンも女子シングルスで早々と姿を消し、男子ダブルス世界ランキング1位のイ・ヨンデ&ユ・ヨンソン組なども決勝進出を逃し、「韓国バドミントン、ノーゴールドの危機が現実化」(『フォーカスニュース』)とさえ言われている。

同じく世界ランク1位を多数揃えて“アベンジャーズ”と期待された韓国柔道も金メダルゼロに終わって厳しい立場に立たされているが、“孝子種目”として期待されていたバドミントンさえも金メダルにゼロとなると、それこそ「日本と朴柱奉に学べ」という論調にもなるかもしれない。

いずれにしてもバドミントン日本代表と朴柱奉ヘッドコーチには注目だ。指導者としても金メダルの栄誉を手にした“シャトルコックの皇帝”の今後の指導力には、これからも期待したい。

(文=慎 武宏)