23日、中国でありえない”モザイク”が出現したと話題になっている。警察は当初、被告3人の素顔の写真を公開したが、ネットで批判されると、顔に「モ」「ザイ」「ク」と文字だけをかぶせた写真を発表した。

写真拡大

2016年8月23日、中国でありえない”モザイク”が出現したと話題になっている。騰訊(テンセント)が伝えた。

【その他の写真】

23日、安徽省阜陽市太和県人民法院で誘拐犯3人に対する裁判が開廷した。今年1月に5歳の少女がオートバイに乗った男に誘拐された事件に関するものだが、警察は被告3人の写真をモザイク処理することなしにSNSで発表した。

これに反発したのがネットユーザー。推定無罪の原則に従えば、有罪判決を受けるまでは警察が顔写真を出すべきではないと批判した。この批判に対する警察の反応が前代未聞だった。3人の顔に「モ」「ザイ」「ク」と文字をかぶせた写真を公開。また、血色のいい素顔を見せることは警察が人道的に容疑者を扱った証明だと驚きの言い訳を展開している。(翻訳・編集/増田聡太郎)