【12星座の長所&短所】蠍座は1人に深い愛を注ぐが、幅広い人間関係を築くのは苦手

写真拡大

――星座がわかれば、その人の性格や恋愛傾向を知ることができます。もちろん、いい面も、悪い面も……。12星座ごとに、それぞれの長所と短所を紹介しましょう。

【12星座の長所&短所】バックナンバーはこちら

<第8回 蠍座>

■蠍座の基本性格
 秘密主義の蠍座は、普段は多くを語らず、何を考えているのかわからない人と思われています。しかし、直感が鋭く、人の本心を見抜くのが得意。いざというときは物ごとの本質をズバリと指摘し、周りを驚かせます。また、集中力、持続量は抜群で、一度、決めたことは最後までやり遂げるタフな精神の持ち主。人間関係は狭く深くですが、気を許した相手にはとことん心を開きます。反面、裏切られると深く傷つき、何年も根に持つところも。

■蠍座の長所……深い愛情を一途に注ぐ
 とても情が深い蠍座は、1人の人と深い関係を結びたがります。そして、一度信頼した相手のことは、決して裏切ることはありません。友達の数は多くはありませんが、1人1人が蠍座にとって信頼のおける、よき仲間なのです。また、恋愛も一途。2人の間に問題が起きても、すぐ別れることなく、愛情を注ぎ続けます。恋も友情も、量より“質”が蠍座の特徴です。

■蠍座の短所……いろいろ不器用
 1つのことを深く究める蠍座は、一度に複数のことをこなすのが苦手。集中力は高いのですが、目の前のこと以外は見えなくなってしまうため、突然の業務変更にはめっぽう弱いタイプ。臨機応変に対応することができず、邪魔の扱いされてしまうことも。また、人間関係でもその不器用さがあだとなり、世渡り上手とは言えません。

■そんな蠍座が人と上手に付き合うには
 仲間や恋人を絶対に裏切らない蠍座は、相手にもそうあるよう求めてしまいます。浮気なんて言語道断、約束を破ることも簡単には許さないでしょう。しかし、誰にでも間違いはあります。もともとあたたかいハートを持つ蠍座ですから、許してあげられる心の広さを持ちましょう。

 蠍座は、水辺にひっそり生息する蠍のように、物静か。しかし、心の中は、マグマのようにたぎる情熱にあふれているのです。その情熱を、内に秘めていないで少しずつ出していき、より多くの夢を実現していきましょう。
(紅たき)