写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Duoの作りは非常にシンプル
グーグルは、8月15日に、新しいビデオチャットアプリ「Duo」をリリースした。2016年5月に開催された開発者会議「Google I/O 16」で、人工知能アシスタントを搭載したメッセンジャーアプリ「Allo」とともに発表された新しいアプリで、AndroidとiOS向けに用意される。この製品は非常にシンプルで、スマートフォンの電話機能さながらの使い勝手を提供してくれるアプリだ。しかし、グーグルにはすでに「Googleハングアウト」と呼ばれるビデオチャットサービスが存在しており、その棲み分けも不明瞭となってきた。グーグルがDuoをリリースする理由とは何か?

○コミュニケーションをよりシンプルに

グーグルのDuoは、コミュニケーションの観点、そしてテクノロジーの観点から、一目置くべき存在であると考えられる。Duoを使い始める際、ユーザー登録などは不要だ。アプリを開いて、電話帳から相手の電話番号を見つけてコールするだけで良い。ただし、相手がDuoを持っていない場合は、SMSなどでDuoをダウンロードするリンクを送る必要がある。

DuoをAndroidで利用する際、自分がコールを受け取る前から、かけてきた相手のビデオが表示される「ノックノック機能」も搭載されている。この点は非常に画期的だ。コールに応答してから相手の映像が映し出されるのではなく、コールへの応答を待っている相手の様子が見られるのは新鮮な体験だし、確かにそうあるべきだと感じた。小さなことだが、これまでのビデオチャットアプリにはなかった機能だ。

Duoで利用されているのは、標準的なWebRTC(Web Real-Time Communication)で、ブラウザではプラグインなしでのビデオチャットやファイル転送を行うことができ、Google ChromeとFirefoxに実装されている。2016年になってアップルも、Mac向けSafariに搭載するようになった。また、エンドツーエンドでの暗号化や、グーグルが取り組む新しい高速プロトコルQUICを採用した。

ユーザー体験の側面、テクノロジーの側面で、Duoは非常にシンプル化を進めているという点が印象的だ。ただし、現時点ではそれ以上の評価ができないほどに、シンプルさが極まっているとも指摘できる。

●Duoで何を狙うのか
○FaceTimeキラー?

アップルには、暗号化されたメッセージとビデオ・音声通話機能であるiMessageとFaceTimeがある。いずれも、App Storeで利用するApple IDを利用して、1つの番号やメールアドレスで、複数のデバイスからのコミュニケーション参加が可能だ。

例えば、iPhoneでやりとりしていたメッセージのスレッドを、Macに引き継いでキーボードを使って参加したり、iPhoneに着信したFaceTimeをiPadで受けて、より広い画面でのビデオチャットを楽しむといった使い方ができる。

ただし、FaceTimeやiMessageには、これらの機能をアップルのデバイス上でしか利用できないといった弱点もある。

一方で、DuoとAlloは、AndroidだけでなくiOS向けにもアプリをリリースする。この2つのアプリはAndroid上での標準的なビデオ通話とメッセージアプリの座を狙っていると考えられるが、アップルと違い、Androidユーザーではない人ともコミュニケーションをとれるのだ。そのため、AndroidユーザーとiPhoneユーザーの間で、DuoとAlloは、よりシンプルなコミュニケーションツールの座を獲得できれば、グーグルの狙いを叶える結果となる。

ただし、Duoを使う人が、「iPhoneからAndroidに乗り換えるか?」と問われれば、その答えは「No」だろう。AndroidでDuoを使うべき理由は、今のところ存在しないため、 Duoユーザーが十分に増えたとしても、iPhoneでも利用できれば、そのままiPhoneを利用し続けるからだ。

○競合が多すぎ、位置づけが不明瞭

確かにDuoのデキは良いし、人工知能がチャットルームをアシストしてくれるAlloでのコミュニケーションは、自分まで賢くなったような錯覚すら覚える。しかし、ユーザー数ゼロからスタートするコミュニケーションアプリは前途多難だ。ただでさえも競合が多いメッセージとビデオ通話のカテゴリが、別々のアプリで提供されている点も、疑問に感じる。

アップルユーザーは普段メッセージアプリを利用する際、SMSかiMessageかを意識しながら使う必要はない。FaceTimeやFaceTimeオーディオで通話したい場合も、電話アプリからそのまま操作できる。その使い勝手を狙っていくのであれば、現在、別のアプリとして存在しているDuoとAlloを、Android標準の電話アプリ、メッセージ(TextもしくはSMS)アプリに統合すべきだ。

また、LINEであれば、1:1やグループチャットを行うことができ、そのメンバーとビデオ通話をワンタップで始めることができる。Facebookメッセンジャーでもビデオ通話が可能で、グループでの音声通話までサポートする。文字でのコミュニケーションと音声や映像での通話を統合した1つのアプリで実現している点で、DuoやAlloと比較して理に適っている。そして当然、LINEもFacebookメッセンジャーも、Andorid、iOSをサポートしており、クロスプラットホームでのコミュニケーションを既に実現している。

こららのことからすると、アプリ体験のシンプルさとテクノロジーの新しさは、コミュニケーションにおいては、キラーとなり得ない。

●Duoに今後求められるもの
○プロダクトの整理の側面も

グーグルには「ハングアウト」というビデオチャット環境があり、Android、iOS向けのモバイルアプリも用意されている。1つ考えられるのは、グーグルの中でのビデオチャット製品の整理の過程で、ハングアウトの穴埋めにDuoを投入したということだ。

ハングアウトは、Duoと比較できないほどに多機能なビデオチャットアプリに仕上がっている。テキストチャット、グループビデオ通話が可能で、画面共有や通話しながらのチャット画面の配信、「ハングアウトオンエア」と呼ばれる映像配信機能まで搭載していた。 このハングアウト機能はGoogle+に統合されてきたが、その所属先をGoogle Apps、すなわちビジネス向けのコミュニケーションツールとして再定義している。前述のオンエア機能はYouTubeに転属し、個人向けのビデオチャットとテキストチャットアプリとしてDuoとAlloを新たに用意した、という流れに整理することができよう。さて、Alloには、Googleアシスタントを搭載する、他のメッセージアプリにはない大きなアドバンテージが存在するが、Duoの魅力を構成しうる、圧倒的な優位性は今後表れるのだろうか。

(松村太郎)