「かず」「いろ」「大きさ」に楽しく触れる ママたちの声から生まれた赤ちゃん絵本

写真拡大

 小さな我が子と一緒に絵本を楽しみたいけれど、どんな絵本がいいかわからないというママもいるのでは。特に初めての子育ての場合は、本屋さんや絵本で悩んでしまう人も少なくないはず。そんなママ・パパたちにおすすめの絵本が、KADOKAWAから発売された1・2・3さい向け絵本『とりがいるよ』(税別900円)。

 子育て中のママの声を参考にしたり、保育園で実際に読み聞かせをして子どもたちの反応を見ながら改良を重ねるなどして生まれた絵本。子どもの目に留まりやすいカラフルな色づかい、シンプルなデザインで、「かず」「いろ」「大きさ」に自然に触れることができる。実際に親子で読んだ1〜3歳の子のママたちからは、「読み終わると何度もおねだりする」、「親子でやり取りしながら楽しく読める」、「登場するものを自分のボキャブラリーで表現できてうれしそう」などの喜びの声が寄せられている。さて、我が子はどんな反応を見せてくれるかな!? 出産祝いのプレゼントにもぴったり。

 1000万人が利用する絵本情報サイト「絵本ナビ」で“全ページためしよみ”も公開中。メンバー登録をしたうえで、1回だけサイト上での全ページためしよみができる。絵本選びにはママやパパのインスピレーションも重要だから、まずひと通り読める安心感がうれしい。