写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東武鉄道は8月23日、今年9月に日光線東武日光駅において、「手ぶら観光サービス」の試験運用を実施すると発表した。

同サービスは、訪日外国人観光客を中心とした顧客に対するサービスを拡充するために実施するもので、東武日光駅で手荷物を預かり、同駅周辺のほか、中禅寺湖、湯元温泉、鬼怒川温泉、川治温泉周辺の各宿泊施設へ即日配送する。

同サービスは、受付窓口での英語対応などの条件を満たしていることから、訪日外国人観光客にも対応した「手ぶら観光」カウンターとして国土交通省から認定を受けているという。

試験運用は、2016年9月の金・土・日・祝日計15日間行われ、受付時間は8時30分から12時30分までとなっている。料金は荷物1個当たり500円(税込み)。