ヒョウ柄などのアニマル小物は「顔周りから離す」が鉄則!プロ直伝のコーデテク

写真拡大

ファッション業界は早くも秋シーズン到来。秋といえば気になるのがアニマル柄。今季もトレンドアイテムの一つだそう。でも、取り入れ方を一歩間違えると、「夜の女」風や、はたまた「大阪のおばちゃん」風に仕上がってしまいがち...。どんなアイテムをどのように取り入れると、こなれ感のあるオシャレに見えるの? そんな疑問を解決すべく、プロのスタイリストとして雑誌や広告のほか、一般の人対象のパーソナルスタイリングで活躍する山本あきこさんに、アニマル柄の上手な取り入れ方を伝授いただきます!

シンプルコーデのポイントに小物1点投入が◎

地味色になりがちな秋冬コーデの救世主として、あると便利なのがアニマル柄。まずトライしてほしいのが小物です。バッグでも靴でもベルトでも、アニマル柄がどこかに1点投入されているだけで、ぐっとオシャレ感がアップし、「ピリッとした大人の女性」という印象になります。さらに、今年注目のスネーク柄を取り入れれば、一気にオシャレ上級者に。一見難しそうに見えるアニマル柄のポイントは、基本コーデをシンプルにしておくこと! まずはこの基本をお忘れなく!

アニマル柄初心者が取り入れやすいのはレオパード柄!

アニマル柄の中でも、特に使いやすいのはレオパード柄。シンプルコーデの基本であるベージュ、茶色、黒の3色が入っているので、それら3色どの色の服とも合わせやすいんです。さらに、白やデニム、チェックとも相性がいいので、秋冬のどんなコーデにもマッチするというわけです。

モノトーン派にはクールなゼブラ柄もおすすめ!

白と黒の組み合わせ、ゼブラ柄はモノトーンコーデのアクセントにぴったり。オールホワイト、ブラック、グレーなどのワントーンコーデに取り入れるだけでちょっぴりモードでクールな雰囲気に。トーンの薄いゼブラ柄ならベージュともマッチします。

顔回りから離れた場所でさり気なく使うのが失敗しないコツ

ひとつだけ気を付けてほしいのが、アニマル柄はスカーフなど顔回りでは使わないこと。顔回りにアニマル柄を取り入れると、ちょっときつい感じに見えることも。バッグや靴、ベルトなど、顔回りから離れた場所でさり気なく使うのがおすすめです。

いかがでしたか? 一口にアニマル柄と言っても、カジュアルからキレイめ、モードからフォーマルまで、着こなし次第でコーディネートの幅が広がります! 今年の秋はアニマル柄を思い切り活用して、トレンドファッションを楽しみましょう。


山本あきこ
スタイリスト。女性誌や広告など多くのスタイリングを手がけながら、2013年より一般の人に向けたスタイリングアドバイスや講座などを行う「パーソナルスタイリング」が大人気。著書に『毎朝、服に迷わない』(ダイヤモンド社)、『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)がある。
HP:Rocco Style Blog:山本あきこオフィシャルブログ Instagram:roccoakko【関連記事】
・ ダイエットしなくても痩せ見えは叶う!服選び&着こなし4つのルール
・ インスタで話題のヘアデザイナーが伝授!この秋、絶対に流行る3つのトレンドヘア♡

photo:『毎朝、服に迷わない』(ダイヤモンド社)、Instagramより
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。