『日本さばけるプロジェクト』

写真拡大

 料理は好きでいろいろ作るけど、魚をさばくのだけは苦手、という人は少なくない。スーパーなら切り身を買えるし、頼めばさばいてくれる魚屋さんも多いから、“料理歴“が長くなっても、ここだけは克服できない、という声も。そんな人たちにぴったりの「日本さばけるプロジェクト」というのが8月31日、服部栄養専門学校(渋谷区)で行われる。

 海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げようという「海と日本プロジェクト」(日本財団)の一環で、日本さばけるプロジェクト実行委員会(東京)が共同で実施。“さばけるパパ、さばける男子が日本の海と食卓を豊かにする?”を切り口に、海の大切さや楽しさを訴求するトークイベントだ。

 日本の海洋資源を巡る問題についてのセッションからスタート。“世界で最も美しい魚のさばき方の動画”を観賞し、服部栄養専門学校の服部幸應先生が、女性気象予報士、女優、「釣りガール」を交えて「魚をさばける男子はモテる?」のか議論する。また、魚をさばく体験会「海と日本 さばける塾」も開催。10組20人の男女が、「東京吉兆」で腕を振るった日本料理のプロに魚のさばき方を学ぶ。