中国では「日系車の鋼板は薄く、凹みやすいため安全性に劣る」というデマが存在する。日本はもちろん、欧米や中国の安全性能評価において日系車は高い評価を得ていることから、日系車の鋼板をめぐる話はあくまでもデマであることが分かる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では「日系車の鋼板は薄く、凹みやすいため安全性に劣る」というデマが存在する。日本はもちろん、欧米や中国の安全性能評価において日系車は高い評価を得ていることから、日系車の鋼板をめぐる話はあくまでもデマであることが分かる。

 中国メディアの汽車之家はこのほど「中国人消費者は日系車の鋼板が薄いことは知っていても、その意図を知っている人は少ない」と指摘し、堅牢な自動車を作る気になれば作れる日本の自動車メーカーが中国人から「鋼板が薄い」と主張されるような自動車づくりをしているのにはれっきとした理由があると論じた。

 記事は、著名な経済学者による考え方を引用し、「自動車の事故を回避したければ戦車に乗れば済む話だが、誰も戦車に乗らないのは戦車の購入コストが高いため」であると指摘し、経済学の観点では消費者は命を守ることと、それにかかるコストを比較しながら自動車を選んでいると指摘した。

 さらに、中国で日系車を購入する消費者は「燃費性能を重視」していると指摘し、燃費性能に影響を与える要素の1つが車重だと紹介、「燃費性能を重視する消費者がいるからこそ、日系車メーカーもそれに合致した自動車を投入しているのだ」と論じた。

 近年は日系車のみならず、世界中のメーカーが自動車の燃費性能を高めるために車重を軽くする傾向がある。もちろん車重が軽いことはブレーキを踏んでから停車するまでの制動距離が短くなるメリットもあるため安全性の向上にもつながる。中国では自動車の鋼板は厚いほうがより安全性が高く、車重も重いほうが自動車同士の衝突時に有利という考え方があるようだが、事故発生時に車内の乗員の命を守るのは鋼板の厚さではないことがまだ広く知られていないようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)