ブルックス ブラザーズ「ゴールデン フリース」発表、金羊毛のシャンデリアを限定展示

写真拡大

 米老舗「ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers)」が、カプセルコレクション「ゴールデン フリース(Golden Fleece)」を発表した。米国の自社工場とイタリアで製造され、同ブランドの中でも最高品質の素材と卓越した技術を注ぎ込んだラグジュアリーなコレクションに仕上げられた。青山本店と丸の内店、大阪店の3店舗で10月12日から取り扱う。 【画像を拡大】

 「ゴールデン フリース」のシグネチャーアイテムの一つとなるメリノセーターは、ホールガーメントと呼ばれるシームレス製法を採用し、継ぎ目のない丸編で1着を編み上げるなど快適な着心地を追求した。スポーツコートやドレスシャツ、トラベラージャケットなどのほか、スウェットパンツや自宅で洗濯可能なメリノウール素材のカーディガンなどカジュアルなアイテムもそろえる。コレクションに名付けられた「ゴールデン フリース」は金羊毛を意味し、1850年からは「ブルックス ブラザーズ」のシンボルマークとして採用されている。 コレクションの発売を記念して、8月24日からは金色の子羊を象ったシャンデリアが青山本店で期間限定展示される。同シャンデリアは、英国の建築デザイン集団Squire and Partnersによるデザインを元にイタリアのMaragoni Designが約660時間かけて制作したもので、約400匹の金色の子羊が一匹の大きな羊を象っている。英国王立建築家協会のベストアワードを受賞し、ロンドンの店舗のウィンドウに飾られた際には多くの人が写真を撮影しに店舗を訪れたという。■ブルックス ブラザーズ 青山本店住所:東京都港区北青山 3-5-6営業時間:11:00〜19:30シャンデリア展示期間:2016年8月24日〜11月中旬(予定)公式サイト