パソコン・スマホ・タブレット端末を重頻度で使用する昨今、疲れ目に悩まされている人も多いのではないでしょうか?
目の使いすぎは肩こりや頭痛などの身体的苦痛につながるだけでなく、くすみや目の大きさなど顔の印象にも大きく関わってきます。それでは、つらい疲れ目の原因とそれにピッタリのケア方法を探っていってみましょう。

疲れ目が顔の印象を左右する!?

目が疲れると、首や肩のあたりの血流が滞ります。それゆえ、東洋医学においては眼疲労の治療をするときには首肩まわりのケアを欠かしません。
首肩まわりの血流が滞ると顔色が悪くなったり、くすんだり(同時にリンパの流れも悪くなるので)むくんだりします。また、目が本来の大きさよりも小さくなってしまいます。
このように、美容面においても意外と侮れないのが疲れ目。ただでさえ目元は年齢が出やすい部分でもあるので、しっかりケアをしていきたいものですね。

液晶画面を見続けることによる疲れ目のケア

パソコンやスマホなどの液晶画面の見すぎは、疲れ目を引き起こす原因のひとつです。朝起きるとテレビをつけて、スマホ片手に出勤、職場でパソコンを酷使して、また寝るまでスマホを見る……こんな生活スタイルを送るあなたの目は、ほぼ確実に“液晶画面疲れ”に悩まされているはず。
ではなぜ液晶画面を見続けることが疲れ目の原因となるのか? ――その答えは液晶画面を見ているときには眼球の移動がほとんど見受けられないことにあります。わかりやすく言うと、眼球がずっと同じ位置で固定されている状態になるために目の筋肉が疲労してしまうのです。
解消法はじつに簡単、定期的に眼球を動かしてやればいいんです! 集中力が切れたら遠くを見るよう心がけるようにするだけで、疲労度がだいぶかわります。

趣味による目の酷使が原因の疲れ目のケア

読書が好き、ネットサーフィンが好き、ゲームが好き……理由は人それぞれだと思いますが目を酷使しすぎると当然、疲れ目を引き起こします。睡眠時間を削って趣味を楽しむというのもストレス解消には効果的だとは思うのですが、ほどほどにしないと目のためには好ましくありません。
解消方法としてはしっかりと睡眠をとることと、目のストレッチが効果的です。目のストレッチのやり方としては、顔は動かさずに固定したままで眼球だけを右回り・左回りというようにゆっくりと動かしていくだけ。これを定期的に数回ずつ行ってください。

疲れ目が健康と美容を脅かす前に、簡単にできるケアをどんどんとり入れていってみてください。