持ち運びに便利なコンパクトサイズ

写真拡大

スマホやタブレット端末向けのモバイルケースやアクセサリーを販売するロア・インターナショナル(東京都新宿区)が「世界でもっとも薄く、もっとも軽い」ソーラー充電器「ソーラーペーパー」を国内のクラウドファンディングサービス「Makuake」にて2016年8月23日から先行販売を開始した。

最大6枚までつなげることが可能

超薄型ソーラーパネルを使った充電器で、日光が当たる場所でパネルを開き、スマホなどの電子機器をUSBケーブルにつなぐだけで充電できる。パネルは幅9cm×17cmとiPhone6s Plusより一回り大きいくらいのサイズで、厚さは2mmほど。1枚の出力は2.5Wで、よく晴れた日なら約2時間半でスマートフォン約1台をフル充電できるという。パネルはマグネット式で最大6枚までつなげられる。

パネル部分は防水・防塵仕様のため、雨や雪の日も充電可能だ。また充電器からどれくらいの電気が生じているかを知らせるデジタル電流計も搭載。気象状況によって変化するソーラーパネルのパフォーマンスを一目で確認できる。

日光が遮られ充電がストップしても、再び日光に当てれば自動的に充電を再開する仕様になっている。

本体とパネル、ポーチのセットで、付属するパネルの枚数が異なる5W、7.5W、10Wの3種類を用意。Makuakeでは先着50人限定で各セットが通常価格の24%割引になるキャンペーンをおこなっており、5Wを1万2800円、7.5Wを1万7300円、10Wを2万1800円(いずれも税・送料込)で販売している。