マネ躍動のリバプールが5発大勝で2回戦突破《キャピタルワンカップ》

写真拡大

▽リバプールは23日、キャピタルワンカップ2回戦でバートンとのアウェイ戦に臨み、5-0で大勝した。

▽3日前に行われたプレミアリーグ第1節のバートン戦を0-2と完敗したリバプールはその試合のスタメンから4選手を変更。コウチーニョとワイナルドゥムが欠場となって、負傷明けのS・マネや、新戦力のマティプが移籍後初スタメンを飾った。

▽3トップに右からマネ、オリジ、フィルミノと配す[4-3-3]で臨んだリバプールが、チャンピオンシップ(2部)のバートン相手に立ち上がりからボールを保持すると7分、マネのスルーパスをボックス左で引き出したオリジのシュートはGKの守備範囲に飛んでしまう。そして11分にはゴール至近距離からのフィルミノのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKのビッグセーブに阻まれる。それでも15分、ミルナーの左クロスを受けたボックス右のマネが中へパスを送ると、オリジがヒールでうまく流し込んで先制に成功した。

▽さらに22分、リバプールは相手GKのスローインをカットしてショートカウンターに転じると、右サイドからクラインの上げたクロスにフィルミノが頭で押し込み、2-0と突き放す。ハーフタイムにかけてもポゼッションして時間を進めたリバプールが余裕の展開に持ち込み、試合を折り返した。

▽迎えた後半もリバプールが主導権を握ると、61分に3点目を挙げる。左CKが相手選手のオウンゴールを誘った。余裕の展開としていたリバプールは71分に足を負傷したカンを下げてスチュアートを投入するアクシデントがあったものの、78分に4-0とする。マネのスルーパスをボックス右で引き出したミルナーのクロスをファーのスタリッジが押し込んだ。

▽そして83分、右サイドを突破したマネのパスを受けたスタリッジがシュートを突き刺して5-0としたリバプールが圧勝。マネが3ゴールに絡む活躍を見せたリバプールが余裕の勝ち上がりを見せている。