仕事が「デキる人」と「デキない人」の決定的な違い【まとめ6選】

写真拡大

あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分かったのは、どうやら仕事に対する「向き合い方」が大きく影響しているようです。

さっそくその特徴を見てみましょう。

01.
「忙しい人」と
「余裕のある人」の違い

同じ仕事をしていても、「忙しそう」に感じさせる人と、「余裕がある」ように感じさせる人がいますよね。

例えば、やるべきことの見極めができるかどうか。「忙しい人」は、その見極めができずにどんどんタスクが増えていくのに対して、「余裕のある人」は限界点を見極められるので、最小限にとどめることができます。

さらによく言われるのが、一貫した考えや計画性があるかどうか。「忙しい人」は、余裕がないことからその場しのぎの考えで行動することもあり、かえって非効率的になることも。一方で「余裕のある人」は、一貫した考えに基づいて無駄なく計画的に行動できるのです。

同じ仕事でも「余裕のある人」のほうがスマートで信頼できますよね。彼らには他にも様々な違いがありますが、いくつか思い当たるでしょうか?

→詳しい記事はこちらから。

02.
「成長する人」と
「しない人」の違い

仕事に伸び悩んだときこそ、「成長できる人」と「成長できない人」で差がつきます。

たとえば、経験のない新しい仕事で失敗したとき「失敗から学ぶ人」は次のステップに繋げられるので成長しますが、「失敗を恐れる人」は失敗の責任から逃れようとするので、成長できません。

また、仕事は取引先やクライアントなど複数の人と関わりますが、相手のことを考えて行動する人は、どのように仕事を組み立てていくかを考えているので成長できますが、話を聞けない人は相手を尊重しないのでお互いに不幸な状況になってしまい、成長が止まります。

これらを見ると、仕事の向き合い方ひとつで大きく変わってくることがわかります。

→詳しい記事はこちらから。

03.
「ストレスをためる人」と
「ためない人」の違い

最近なんだかイライラする……。そんなあなたに知っておいてほしいのが「ストレスをためる人」と「ためない人」、それぞれ特徴です。

その違いは、「細かいことが、どの程度気になるか」に関わってきます。「ストレスをためる人」は、細部に至るまで気になり、指摘したり、自分で対処して、気持ちをスッキリさせようとします。一方で「ストレスをためない人」は、気になっても細かい部分をうまく流し、大きな影響があるときだけアクションを起こします。

また、「基本的な時間軸の違い」も影響しています。「ストレスをためる人」は、短いスパンで時間軸を持っているので、分刻みで行動をする人もいます。一方で「ストレスをためない人」は、比較的長期目線で物事を考えるので、気持ちをゆったりと持つことができます。

→詳しい記事はこちらから。

04.
お金が「貯まる人」と
「貯まらない人」の違い

「お金が貯まる人=収入の多い人」だと思い込んでいませんか?でも実際は、収入の多さとはあまり関係がなく、「お金が貯まる人」は、自然とお金が貯まる習慣を身につけていることが多いのです。

たとえば「お金が貯まる人」は、ATMの手数料などの小さなお金も大切にし、無駄な出費をしない工夫をしています。それに対して、「お金が貯まらない人」は、日々に余裕がなく、ATMが時間外でも気にしません。後者の人は、預金通帳を開いて「手数料」の合計金額を計算してみてください。その額に驚くはずです。

そして、意外なのが「欲しいものを買うか、買わないか」。「お金が貯まる人」は、本当に欲しいものが高額な場合、しっかりと計画を立てて買います。逆に「お金が貯まらない人」は、生活に必要がないものを一切買わない傾向がありますが、出費をとにかく切り詰めているとその反動でひどい浪費に走ってしまったり、「自分へのごほうび」と称して、小さな浪費を繰り返してしまうこともあるので気を付けましょう。

節約にはメリハリが大事ということですね。

→詳しい記事はこちらから。

05.
「本番に強い人」と
「弱い人」の違い

大舞台でもそつなくこなす「本番に強い人」っていますよね。普段から努力しているのになぜかうまくいかない「本番に弱い人」からしたら、うらやましい限りです。

この両者を隔てているのは、考え方の違い。「本番に弱い人」は、失敗やミスを極端に怖れて、始まる前からネガティブになりがち。成功のイメージができていないので、本番でうまくいかないのも当然です。

かたや、ここ一番を得意とする「本番に強い人」は「普段通りの自分でいい。失敗したらそれまで」くらいに思っているのです。

また、こだわりが強い完璧主義は、何か予期せぬ出来事が起きたときに軌道修正ができず「本番に弱い人」へ分類されます。どんなにイレギュラーな状況下でも、柔軟に波を乗りこなすように落としどころを見つけられる人は「本番に強い人」と言えるでしょう。

→詳しい記事はこちらから。

06.
「心が折れる人」と
「折れない人」の違い

仕事やプライベートで逆境に見舞われたとき、「心が折れやすい人」っていますよね。とくにビジネスの場では、「心が折れない人」のほうが、「仕事のデキる人」として評価されることも。

「心の折れない人」は、ミスを潔く認め、すぐに対処方法を考えることができます。気持ちを切り替えられるので、ズルズルと引きずることもありません。それに対して、「心が折れる人」は、いつまでも悩んで、なかなか前に進むことができないパターン。悩んでいるうちに、どんどんネガティブな思考に陥りがちです。

さらに、「心が折れない人」は、他人と自分を比較して、自分の価値を判断したりしません。他人の意見が気になって仕方なかったり、誰かと比較することで自分を保とうとする人は「心が折れやすい」傾向があります。

→詳しい記事はこちらから。