中国はリオ五輪で、多くの金メダルを獲得したが、鄭シュ選手と趙帥選手の2個の金は、今後長い間、人々の記憶に深く刻まれることになるだろう。なぜかと言えば、2人は恋人同士だからだ。写真は鄭選手(右)と趙選手。

写真拡大

「彼は鄭シュ音選手(シュは女へんに朱)の恋人」これがリオ五輪開幕前に趙帥選手を紹介する人がほとんど使う言い方だった。競技日程の関係上、ボーイフレンドである趙選手が先に金メダルを獲得したが、まるで家庭内での地位を堅固にするかの如く、鄭選手も趙選手に続いて67キロ以上級の決勝であっさりと優勝をものにした。趙選手と鄭選手は、リオで「夫唱婦随」のオリンピックエピソードを生み出してくれた。揚子晩報が伝えた。

22歳になったばかりの鄭選手は、今回が初めての五輪だった。彼女が手にした金メダルは、同種目で中国に初めてもたらされた金ではないが、中国テコンドー界にとっては大きな意義のあるメダルとなった。なぜなら名選手だった陳中が現役を退いた後、中国女子テコンドー重量級種目は、ずっと優勝から遠ざかっていた。今回、鄭選手が金を獲得したことで、中国は12年ぶりの五輪テコンドー重量級種目女王の座に返り咲いただけではなく、伝統的な優位性を回復する兆しともなったからだ。

中国は今回の五輪で、多数の金メダルを獲得したが、鄭選手と趙選手の2個の金は、今後長い間、人々の記憶に深く刻まれることになるだろう。なぜかと言えば、2人は恋人同士だからだ。競技の特殊性から、2人は互いの練習相手を務めることも可能で、それはまるで「夫婦相互サポート」と言えるようなもの。趙選手は金メダル獲得後、「今の自分の仕事は、彼女の練習相手として責任を果たすことだ」と話し、その言葉通り彼女である鄭選手の金メダル獲得を大いにサポートしたと言える。

リオ五輪組織委員会の公式資料によると、鄭選手と趙選手の身長はいずれも1.88メートルとあるが、実際のところ、鄭選手の身長は1.92メートル。さらに、重量別ランクが異なり、鄭選手の体重は趙選手より12キロ重い。これらのデータから、多くの人は、「あの2人が殴り合いの喧嘩をしたら、どちらが勝つのだろう」と注目している。挙句は「あなた方2人が直接対決するチャンスはないのですか?」と突飛な質問をする外国人記者もいた。

何度もこの質問を受けた、1.92メートルの身長の鄭選手は途端に若い女性の素顔を垣間見せ、顔を赤らめながら「私たちは殴り合いの喧嘩などしたことがない。もうその質問をするのはやめてくれませんか」と答えた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)