みなさんは、気になる人ができたけど、完全に冷たくあしらわれて、「見込みナシだな〜……」とへこんでしまったことはありませんか?

これからは、そんなときでも決してあきらめないでください。

実は、今からご紹介する簡単な“心理テクニック”を使えば、最初は見込みナシな相手でも、“恋人候補”までのぼりつめることができるのです。

どんなテクニックなのか、わくわくしますね。

男性の性事情を日夜研究し続けている官能小説家の小川沙耶さんに、解説していただきましょう。

 

■やればやるほど効果的!

「心理学者のロバート・ザイアンスの実験によれば、人間は、1回に30分会った人よりも、1分だけ30回会った人のほうが、好感をもつとのこと。“単純接触効果”と心理学では呼ぶようですが、これを利用しない手はありません。

たとえ、ちょっとしか時間がとれなくても、必ず顔を見せて挨拶する。これを繰り返すだけです。

会って何かをする必要はありません。実験では1分でOKでした。実際に会うと、1分のつもりでも数分はたっていると思いますが、わずかな時間でいいのです。

ただ回数を増やすこと。やればやるほど効果的になります」

 

■マイナスの印象を与えないためには?

「とはいえ、会ったときにマイナスの印象を与えてしまっては、効果は期待できませんよね。ちょっとの対面で、人にマイナスの印象を与えないためには、ふたつポイントがあります。これだけ気をつけてください。

(1)最低限の身だしなみに気をつける

不潔であるのは論外ですし、鼻毛が一本ピロッと出てしまっていると“女性としての魅力”に大打撃。抜群にキレイにしていなくてもいいので、最低限の身だしなみに気をつけましょう。

(2)挨拶をしっかりとする

対面した際には、しっかりと挨拶をするようにしましょう。ただ会えばいいといっても、“会ったときの礼儀”はやはり必要です。奇をてらう必要はありません。社会人として、普通に振る舞えれば、それでOK。変わった感じだと、何度も会うのに相手も飽きてしまうし、こちらも疲れてしまいます」

 

■チャンスは知らない人が多いとき

「たくさん顔を見せるなかで、チャンスは相手にとって“知らない人”が多い場面。

パーティーや異業種交流会、人が多すぎの飲み会など……、人脈を増やそうとはりきって行ってるにしても、知らない人がいない場所って、やはり心細い思いをしますよね。

そこで、ちょっとでも“知っている”あなたが、“あっ! ●●さーん!”と笑顔で小走りでタタタッと向かってきたらどうでしょう。きっと天使に見えてしまうでしょうね」

 

いかがでしたか。“恋愛対象外”から、“恋人候補”に格上げされる方法についてご紹介しました。最初のうちは、目線や態度に冷たいものを感じるかもしれませんが、気にしないこと。回数を重ねるごとに、じょじょにあたたかいものに変わっていきます。恋のチャンスを狙うのは、その後が吉ですよ!

 

【関連記事】

愛され彼女はやってる!オトコがキスしたくなる「ネコしぐさ」4つ

※ だいたんすぎー!「この夏…オレの股間がビビビッときた女」7選

※ なんと!エッチでイキたいなら「くつ下をはくべき」と研究で判明

※ えっ…ヒドくない!? 「オトコが絶対に浮気しちゃう理由」が判明

※ 「お寿司オイシイですよねぇ〜」元No.1キャバ嬢が教える会話術

 

【姉妹サイト】

※ 第2回BizLady×日本女子経営大学院のキャリアアップセミナー募集開始