全国民が注目したリオ五輪では、中国卓球チームは無敵と言えるほどの存在で、全世界の選手を前に圧倒的な強さを見せつけた。このほかに、日本代表の国宝と呼ばれる福原愛選手と中国卓球チームとの間の「敵味方を越えた友情」も観衆の間で大きな話題となった。

写真拡大

このほど、全国民が注目したリオ五輪では、中国卓球チームは無敵と言えるほどの存在で、全世界の選手を前に圧倒的な強さを見せつけ、素晴らしい成績を収めた。このほかに、日本代表の国宝と呼ばれる福原愛選手と中国卓球チームとの間の「敵味方を越えた友情」も観衆の間で大きな話題となった。中国網が伝えた。

【その他の写真】

19日、福原選手は微博(ウェイボー)で劉詩■選手(■は雨かんむりに文)とのアプリで加工したツーショット写真を投稿し、ネットユーザーにどっちの顔が大きいかをいたずらっぽく問いかけた。この写真は、以前福原選手が投稿した便器を修理してしまった記事同様、彼女の突飛さが際立っており、ますます中国のネットユーザーの人気を集める結果となった。

中国大好きな福原選手は、早くから中国卓球チームと深い友情を築いており、ネットユーザーからは「みんなのマスコット」と呼ばれている。なかでも劉選手との仲の良さは有名で、良く行動を共にしている。リオ五輪では、挨拶代わりに太極拳のポーズをしたり、選手村の食堂で会ったときもツーショット写真を撮り微博で投稿し、さらには卓球女子団体の表彰式でも、お互いに冗談を言い合い、相手をからかうほどの仲の良さだ。

今年初め、福原選手は台湾人選手との交際を正式に発表した。しかし福原選手の「モテっぷり」は衰えてはいない。オリンピックの記者会見での張継科選手との仲の良さには多くの人が注目したものだ。張選手が福原選手の顔をつねったりしたら、張選手のファンたちの胸は張り裂けてしまうにちがいない。(提供/人民網日本語版・編集YK)