iPhone と連携して360度撮影やセルフィーまで撮れる低価格な新デジカメが楽しすぎる

写真拡大 (全4枚)

最近、360度撮影できるデジカメが、じわじわと話題になっている。
自分の周囲の360度すべてを撮影できるカメラは、今までにもいくつか製品が販売されていた。

しかし最近になりSNS上で、撮影した写真を指先でタッチするだけで、写真を上下左右360度自由に動かして見ることができるようになったことで、注目度がアップしているようだ。

360度カメラは狭い室内でテーブルを囲んで写真を撮影したり、絶景な景色を周囲まで全部収めたり、と、今までのデジカメでは撮影できない写真が手軽に撮影できる。

とはいえ、これまでの360度カメラは、ちょっと手を出しにくかった。
まずは値段が高いからだ。
360度カメラの先駆的製品ともいえる、リコーの「THETA」は4万円前後もする。
そして購入のもう一つの悩みどころは、日常生活で360度カメラを頻繁に使うシーンがそう多くは無いということだ。
たまにしか使いそうにない360度カメラに、それだけのお金を払うのはやはり躊躇ってしまう人が多いのも無理はないだろう。


低価格な360度カメラ「SnapCam 360」


だがそんな2つの悩みを解決する製品がようやく海外で登場した。
「SnapCam 360」は日本円で2万円以下と安く、しかも360度撮影以外の用途でも利用できる便利なカメラのだ。しかもiPhoneやスマホと接続して、画面を確認しながら写真撮影することもできるなど、なかなか欲張りな製品なのである。

SnapCam 360は、スティック状の本体の片側に円形のカメラが内蔵されている。
このカメラを使って周囲は360度、前後は180度の周辺撮影が可能だ。
THETAのように両面にカメラがついているわけではないので、片面だけは180度の撮影となる。

とはいえテーブルの上にSnapCam 360を置けば、周りを囲んでいる友人たち全てを入れた写真を撮ることができる。また、海や山に出かけたときは、SnapCam 360を地面に置いて、周囲の景色を全て撮影することも可能だ。
完全に360度撮影はできないが、実用上はこれで十分だろう。


テーブルや床の上におけば、周囲360度を撮影できる


さらにRalCam 360は、普通のデジカメとしても使えるのだ。
カメラを外に向けて食事や風景を撮影したり、手前側に向けてセルフィーを撮影したりすることもできる。撮影中の画面はSnapCam 360と無線接続したスマホアプリで確認可能。撮影後の写真もスマホへの取り込みもケーブル無しでワンタッチだ。


デジカメとしても利用可能。ワイド撮影ができるのでセルフィーカメラにもなる


スマホのカメラでは撮影できない360度写真や動画を撮るだけではなく、スマホからコントロールできるリモートカメラとしても使えるSnapCam 360。

この秋の行楽やイベントに欠かせないアイテムとなるだろう。日本での発売も期待したい。


山根康宏