野菜カフェやサラダ専門店が続々オープン。2016年の夏は、パワーサラダに注目!

写真拡大 (全8枚)



NYスタイルのサラダボウル専門店やお野菜カフェなどが続々オープンし、空前のサラダブームな今。編集部では、野菜や果物だけでなくお肉や魚などのタンパク質もプラスされたサラダ=“パワーサラダ”に注目しています! 暑さで食欲がなくなる夏、野菜の力で乗り切ってみませんか?

◆金融マン出身が立ち上げた、サラダボウル専門店
【2016年5月20日(金)オープン】


NYではサラダボウルを主食としてランチを取っていたと言う、元金融マンの武文智洋さん。帰国した際、日本の外食・テイクアウト業界が炭水化物を中心とした重飲食が多いことに気づき、日本の外食を少しでもヘルシーなものに変えたいという思いからこちらの「WithGreen」をスタート。こちらではお店の中だけでなく、すべてのメニューがテイクアウトOK。ドレッシングも別添えにしてもらえるので、オフィスのランチにも便利。忙しい毎日でも、ライフスタイルに合わせて少しずつ健康を意識した食事に切り替えていきたいですね。

◆畑の伝道師が厳選!味の濃い野菜を味わえる野菜カフェ
【2016年7月23日(土)オープン】


野菜カフェ「Mr.FARMER(ミスターファーマー)が表参道店、新宿店につぐ新店を六本木にオープン! こちらでは“畑の伝道師”と呼ばれるシェフで経営者でもある渡邉明さんが、10年以上全国の農家を巡り続けてセレクトした厳選野菜を使用するメニューがいただける。「FARMER’Sコブサラダ アガベドレッシング(1350円)」をはじめとした6種のシグネチャーサラダやラップロールや、アボカドやパクチーを使用したパワーサラダがいただける。表参道店、新宿店は9:00〜営業しているので、休日の朝食にもおすすめ。

◆NYスタイルのサラダを味わえる「GREEN BROTHERS」
【2016年7月25日(月)オープン】


恵比寿にオープンしたばかりのこちらでは、9種のレギュラーメニューのほか季節メニュー3種や、ベースからドレッシングまで好みで選べるカスタムメニューなど個性豊かなメニューが揃っています。使用している野菜や果物は、鮮度だけでなく色合いや口に入れた際の食感などにこだわって選んだ契約農家からの直送品。なかでもケールは無農薬で栽培され、深く鮮やかな色合いとはじけるような歯応えがするように栽培方法が改良されているそう!「さっぱりしたい気分?」など、スタッフと気軽に相談しながらメニューを決められるので、毎回気分に合わせていろんなサラダを試すのも楽しいですね。

◆ランチタイムはサラダ専門店に!銀座のシャンパンカフェ
【2016年8月1日(月)オープン】


銀座にオープンした「bubbles ginza champagne cafe(バブルズギンザ シャンパンカフェ)」は、女性が一人でもふらりと立ち寄れる“ちょいシャン”スタイルを提案するお店。シャンパンは、ミシュラン三つ星獲得のレストラン「ジャン・ジョルジュ」の東京店のソムリエがセレクトした最高のラインナップ。しかも、グラス1杯980円〜とお手ごろ価格なのも嬉しい。また注目したいのがランチメニュー。実は、こちらお昼は“キヌア”を使ったサラダ専門店として営業している。サラダにはくりぬいたバケットの中に具をぎっしり詰めた「スタッフドバケット」も付くから、ボリュームも満点。

◆“ヘルシーなだけじゃない”本当においしいカスタムサラダの専門店


サラダは「もうヘルシーなだけじゃ、物足りない」そんな人におすすめなのが好きなカスタムチョップドサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS(クリスプ・サラダワークス)」。“丁寧に手作りした本物の味をカジュアルに提供する”ということをめざし、合成保存料や着色料を使わず、ほぼすべての食材を店舗で調理しているそう。「畑から届いた野菜をすべて店でカットし、ドレッシングや自家製ハムも毎日手作りをします。」とのことだから、安心していただけるのが嬉しいですね。

◆パンケーキ以外も目が離せない。bills流パワーサラダに注目!


billsといえば、パンケーキ。そんな多くの人が持つイメージ、もう古いかも!? 実は、パンケーキやスクランブルエッグ以外にもたくさんの注目メニューがあるのです。写真は、この春に新メニューとしてスタートした「アヒポキサラダ」1400円。こんな話題のパワーサラダまでいただけるんですよ。年2回のメニューチェンジを行い、どんどん進化し続けているbills。ちょっと目を離すとおいて行かれてしまいそうです…。今度の週末は、注目のメニューを味わいにbillsで朝食なんていかが?