23日、韓国メディアによると、日本の外務省がホームページに、慰安婦の強制動員を否定する政府当局者の発言を日本語と英語で掲載したことについて、韓国外交部が「昨年末の日韓合意の精神と趣旨に反する言動を慎むべきだ」と反発した。写真は韓国外交部。

写真拡大

2016年8月23日、韓国・SBSによると、日本の外務省がホームページに、慰安婦の強制動員を否定する政府当局者の発言を日本語と英語で掲載したことについて、韓国外交部が「昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神と趣旨に反する言動を慎むべき」と指摘した。

外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日の定例会見で、「今年2月に行われた国連・女性差別撤廃委員会での杉山晋輔外務審議官(当時)の慰安婦問題に関する発言内容が日本の外務省のホームページに英語で掲載された」と明らかにした。その上で、「旧日本軍の慰安婦動員の強制性は国際社会がすでに明確な判断を下した否定できない歴史的事実」とし、「日本政府が日韓合意の精神と趣旨に反する言動を慎み、慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒すために共に努力することを求める」と述べた。

今年2月、杉山審議官は「日本政府は日韓間で慰安婦問題が政治・外交問題化した1990年代初頭以降、慰安婦問題に関する本格的な事実調査を行ったが、日本政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる『強制連行』を確認できるものはなかった」と主張した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「慰安婦動員の強制性は世界が認めた事実なのに、なぜ朴大統領はたった10億円で合意してしまったの?本当に恥ずかしい」
「もっと強く抗議してほしい」
「日本の心からの謝罪を引き出せなかったくせに…」

「積極的な意志はなく、ただ早く時間が過ぎることを願っている韓国政府」
「慰安婦問題において、韓国国民の敵は明らかに韓国政府」
「日本政府が強制性を否定するから、70年が過ぎた今でも韓国は謝罪を要求するんだ。この調子だと、あと1000年は続きそう」

「慰安婦の100%が強制的に動員されたわけではない」
「韓国は賠償金をもらったのに、まだそんなことを言っているの?ずうずうしいのでは?」

「強制性についてはよく分からない。少女らをだました韓国人ブローカーが一番悪い」
「韓国政府こそ合意を守るべき。最終的、不可逆的な解決を約束したのだから、もう放っておこう」(翻訳・編集/堂本)