常備したい!エンジンOFFでも使えるクルマ用ソーラーファン

写真拡大

炎天下にクルマを置いておくと、車内の温度はものすごいことになります。これは夏場だけの話ではありません。強い日差しは、換気のできない車内の気温をグングン上げていきます。

換気はしたい。でもそれにはエンジンをかけなければいけないし…。駐車中だから、やはりエンジンは切っておきたい。そんな時に活躍してくれるのが、ソーラーパワーで動くファン「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇」(1万800円)です。

20160823_roommate01

[関連記事]ドライブで活躍!ジュースも吸い込む小型掃除機

熱気だけでなくニオイの換気にも便利!

クルマの窓にパッキンとなるゴムとファンを挟み込み、日差しのよく当たる場所にソーラーパネルを置いて、あとはケーブルをつなげば簡易換気扇の完成。

20160823_roommate05

ポイントはソーラーパネル一体型ではないこと。やはり、より多くのエネルギーを得るなら、パネルは最も日が当たる場所が一番。ケーブルは230cmあるので、パネルをダッシュボード上に置いても後席の窓まで届きます。

20160823_roommate03

20160823_roommate02

これで、車内にこもった熱気を強制的に外に出せます。もちろんタバコのニオイの換気にも使えます。夏場だけでなく、一年中活躍してくれること間違いなしです。

ちなみに、セーフティ機構付きパワーウィンドウのクルマには取り付けできないのでご注意を。

イーバランス >> http://www.e-balan.com/

 

(文/&GP編集部)

[関連記事]
スマホでカーナビなら、視界の邪魔にならない“下向き”で!

【旅とiPhone】カーナビ代わりにiPhoneを使う人に最適なホルダー

最新のドラレコは運転支援までしてくれるんです