Doctors Me(ドクターズミー)- 間違えないで!スーパーフード、正しい食べ方とは?

写真拡大

健康への関心がどんどん高まっているなか、「スーパーフード 」という言葉を聞いたことのある方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
このスーパーフード、一体どうスーパーなのか、どんな効果があるのか、興味深いですよね。
そこで今回は、スーパーフードの正しい摂取の仕方について、医師に解説していただきました。

スーパーフードって何?

スーパーフードとは、体によい、健康に寄与すると思われている成分が、ほかの食品と比較してより多く含まれている食品をいい、1980年代に北米で始まった概念であると考えられています。
定義はいろいろあるようですが、抗酸化力などを持つ自然食品で様々な有効成分を含むもの、といった感じのとらえ方をしている方が多いのではないでしょうか。
ちなみに、有名なデイビッド・ウォルフの「スーパーフード」という本においては、以下のような食品があげられています。

・チョコレートの原料として知られるカカオ
・藻の一種であるスピルリナ
・ハワイのアサイーボウルなどで日本でもおなじみになったアサイー
・漢方薬剤としても知られるゴジベリーことクコの実
・オメガ3が健康によいといわれるチアシード
・ブームになったココナッツオイル
などが含まれます。

スーパーフードは、それぞれ突出した栄養成分を持つ食品で、最近ではスーパーマーケットなどで見かける機会が増えてきたものもありますね。
上記の中には含まれてはいませんが、南米原産の「キヌア」などもスーパーフードとして扱われることが多いように思います。

スーパーフードだけを食べればいいわけではない!

これらのスーパーフード、忙しい日々の生活の中で、食事のバランスに今一つ自信が持てないことが多い、私たちにとっては思わず飛びつきたくなるような魅力がありますよね。ファッショナブルなイメージもありますし、それに加えて味つけも工夫されていて、おいしく目先を変えて食べられるというのも大きな魅力になっています。
実際、毎日キヌアを食べたりカカオニブやゴジベリー(クコの実)を持ち歩いたりする方も多いのではないでしょうか。もちろん、それ自体は決して悪いことではないのですが、このスーパーフードにあまりにも頼ってしまうのには問題が多いのも事実です。

スーパーフードはあくまで補助食品!

スーパーフードをスナック菓子や清涼飲料水の代わりにするのは非常に良いのですが、しかしスーパーフードはあくまでも健康補助食品としてとらえる必要があり、日常私たちが食べる、いわゆる「食事」の代わりになるものではありません。
ごはんやパン、麺類などの主食に、肉や魚、あるいは卵や豆製品といったタンパク質、それからビタミンやミネラルや食物繊維などを含む野菜や果物、海藻などをきちんと摂取してから、スーパーフードで偏りを補うということには大いに意味がありますが、スーパーフードを食べていれば健康的な食生活、と考えるのは大きな間違いです。

医師からのアドバイス

スーパーフードはもちろん素晴らしい栄養素を含んでいますが、それのみで健康的に生きられるわけではないということを理解していただけたでしょうか。
また、喫煙や多量飲酒などの健康に害のある生活習慣がスーパーフードの摂取でリセットされるわけではありませんので、できれば和食を中心としたバランスの良い食生活や規則的な生活習慣、運動習慣や禁煙などを励行したうえで、さらに食生活に適度にスーパーフードを取り入れるのが好ましい、ということを忘れないようにしたいですね。
(監修:Doctors Me 医師)