22日、網易体育は、リオデジャネイロ五輪のバレーボール女子で中国が金メダルを獲得したことについての日本の反応を伝えた。

写真拡大

2016年8月22日、網易体育は、リオデジャネイロ五輪のバレーボール女子で中国が金メダルを獲得したことについての日本の反応を伝えた。

記事は、試合を中継したNHKのアナウンサーや解説者が、中国が金メダルを獲得したことを「興奮気味に伝えた」と紹介。また、ヤフーニュースに掲載された産経新聞の記事のコメント欄には「金メダルおめでとうございます!日本も新監督のもとで中国に追いつけるくらい努力してほしい」「郎監督もチームも素晴らしかった。感動した」「東洋人として誇りに思います。これからの日本が目指さなくてはならないチームの作り方だと思います」「日本って体格差を言い訳にするけど、中国でも勝てるんじゃ日本でもできるんじゃない?意識を変えないと一生勝てない」など、中国に好意的なコメントが多数寄せられていると報じた。

記事は「スポーツに国境はない。日本は中国の金メダル獲得を祝福し、アジア人の栄誉と誇りだと考えている。中国チームの努力と監督の指導に、多くの日本人が深く心を打たれた」としている。

こうした記事に、中国のネットユーザーは、「これがまさに日本のすごいところだ」「この点は日本に感服する」「韓国と日本はやはり違うな」「日本人は中国に対してそんなにひどい態度を示すことはない。政治屋たちは年がら年中、反日を掲げるんじゃない」「日本が優勝したら、盲目的な愛国者たちは何て言うだろうな」といったコメントを残している。(翻訳・編集/北田)