毎週火曜日夜10時より放送中のTBSドラマ「せいせいするほど愛してる」の撮影セットに、中村工芸社が協力している。

 主人公が勤める実在の大手ジュエリーブランド会社の広報室のオフィスセットの設えの1つとして、カンパニーカラーを基調としたラウンジチェアを中村工芸社が提供している。
 このラウンジチェアは、生地張り技術と縫製技術に定評がある中村工芸社が、ドラマ撮影用に特注品として製作されたもの。今回はシンコールの生地(アンティカT-4348、ザ・モケットT-4605)を採用している。チェアがもつ360度ビューが空間の広がりを想起させ、背と座面の生地のグラデーションがカンパニーとしての記号となり、また、座面に採用した生地“ザ・モケット”の質感がカンパニーの伝統を表現している。

 このドラマの撮影セットのインテリアを担当している宮本太朗氏と中村工芸社は、新宿伊勢丹においてオリジナルチェアを製作した経緯があるが、今回シンコール社の生地という新たな要素が、撮影セットというアンビルドの世界で三者の出会いが、恋愛ドラマの舞台となる空間を創造したという。