数的センスは、仕事をする上で役立つスキルのひとつです。莫大な情報の中からどんな数字やデータを取り出すかはその人次第。

それによって問題解決につながったり、説得力が増したりすることもあるでしょう。

そんな数的センスを養うには、普段から様々な数字に触れていることが大切。今回お届けするクイズは、3つの数字の中にある法則性を見抜くというもの。

並んだ数字にはどんな意味があるのでしょうか? それでは問題を見ていきましょう。

■数字の法則性を見抜くクイズ・問題編

では、さっそく問題です。以下に、数字が法則に従って並んでいます。

「A」と「B」にはいったいどんな数字が入るでしょうか?

68 → 14 → 5

98 → 17 → 8

76 → 13 → 4

39 → A → B

色々な角度から見てみてください。目標は30秒です!

■数字の法則性を見抜くクイズ・解答編

……みなさん、答えはわかりましたか?

矢印の方向にも注目してみてください。すると、何となく見えてくるはず……。

ズバリ、答えはA=12、B=3でした。では解説を見ていきましょう。

この数字の法則は、2桁の数字をバラバラにして足していくというもの。例えば68は、6と8に分けて、6+8=14となるので、「68」の次には「14」がきます。

そしてこの14を1と4に分けて1+4=5となるので、一番右は「5」が入ります。

他も同様に、

9+8=17 1+7=8

7+6=13 1+3=4

となるので、答えが以下のようになります。

A:3+9=12 B:1+2=3

計算自体は小学生でもできるもの。しかし、数字を2つに分けるというアイデアが思い浮かばなかった人もいるでしょう。

そのため、30秒以内に解けたかたは、数的センスがかなり高いといえます。もしかしたら数字の天才かも……?

日頃から数字をよく使い、柔軟に考えられるようになると、数的センスも磨かれていきます。数字への苦手意識がある人はゲームやパズルなどで楽しみながら数字と触れ合ってみましょう。

(文/平野鞠)

 

【参考】

※快活脳!思考の罠と脳の基礎知識

※老年若脳

※IQ脳.net

【クイズ】

※北村良子・・・パズル・クイズ作家。書籍の他、企業、新聞、TV番組、雑誌等向けに作成。著書は『大人のIQパズル』(彩図社)『60歳からのボケないための思い出しパズル』(永岡書店)他。お問い合わせはフォームからお願いします。