最後まで好みの濃さでウィスキーを楽しめるグラス「WHISKEY WEDGE」

写真拡大 (全6枚)

「オン・ザ・ロック」で飲むウイスキーは、氷が溶けるとともに徐々に風味が変わっていくのが楽しみのひとつ。

氷がもう少しゆっくり溶けてくれたら……味覚でも視覚でももっとウイスキーを楽しむことができそうです。



アメリカ・フロリダで、ワインを愛する3人が立ち上げたドリンクアイテム・ブランド「CORKCICLE(コ-クシクル)」。

彼らが作った「WHISKEY WEDGE(ウィスキーウェッジ)」は、グラス自体に斜めの氷を作ることができるアイテムです。




使い方は簡単。

シリコン型をグラスにかぶせ、目安の位置まで水を注ぎ、家庭用冷凍庫で4時間凍らせたらできあがり。

シリコンの蓋を引き上げると、三角形の氷ができています。



氷の傾斜部分に当てながらゆっくりウイスキーを注ぐことで、さらに香りが立ちます。

ウイスキーと氷の美しいコントラストは、見た目にも華やか。



キューブ型の氷よりも、ウィスキーに触れる表面積が減るため氷が溶けにくいという、デザイン性だけでなく性能的にも納得のアイテムです。

お酒好きな方へのギフトや、ホームパーティに喜ばれそうですね。

購入はAmazonからどうぞ。

[CORKCICLE]
グラス WHISKEY WEDGE シリコンカバータイプ[Amazon.co.jp]
Corkcicle Whiskey Wedge[Amazon.com]