リオデジャネイロ五輪は19日、水泳競技の最終日を迎え、シンクロで中国が銀メダルを獲得した。同種目で中国の選手らは雲紋龍の模様の水着を着て登場し、リズムが時には早く、時にはゆっくりになる曲に合わせて「龍」のようなダイナミックな演技を見せた。

写真拡大

リオデジャネイロ五輪は現地時間19日、水泳競技の最終日を迎え、シンクロで97.3667の高得点をたたき出した中国が銀メダルを獲得した。同種目で、中国の選手らは雲紋龍の模様の水着を着て登場し、リズムが時には早く、時にはゆっくりになる曲に合わせて、「龍」のようなダイナミックな演技を見せた。中国新聞網が伝えた。

リオ五輪で、中国はスタイル多様なシンクロを披露した。シンクロのデュエットで銀メダルを獲得した黄雪辰・孫文雁組は、テクニカルルーティンで、ロック調の曲「奔■(=足へんに包)」に合わせた演技を披露し、フリールーティンでは「三更雨・願」という曲に合わせて、中国伝統の京劇の要素を演技に盛り込んだほか、水着にも京劇に登場する人物の顔が描かれ、印象的だった。

シンクロのチームでは、初めのテクニカルルーティンで、中国は日差しの強いリオの空の下で、サンバの情熱と誘惑を堂々と演じた。同演技では、どの技も観衆を魅了し、マリア・レンク水泳センターで最も注目を浴びたチームの一つとなった。

リオ五輪で、中国が斬新で多様化された演技を見せたのは、藤木麻佑子新コーチを迎えたことと直接関係がある。藤木コーチは、北京五輪において中国を表彰台に上げた井村雅代元コーチと同じ日本人コーチだ。米国に留学し、引退後はスペイン代表コーチも経験した。

藤木コーチについて、黄雪辰選手は、「ここ数年、私たちは大きく進歩した。もちろん、ロシアとはまだ差があるものの、上達を続けたい。王者のロシアに勝つためには、演技の構成の面でもっと進歩が必要と思っている。藤木コーチは特に構成にこだわっていて、世界に通じる表現の仕方にも精通しているので、私たちの進歩の大きな助けになっている」と話した。

一方、藤木コーチは、「中国チームには既に、良い基礎ができている。世界に中国独特の美しさを見せなければならない。もちろん、世界が理解し、受け入れられる方法でそうしなければならない。リオで今回披露した演技には、中国の要素を鮮明に盛り込んだ。だが、変化をつける必要があったので、これまでの東洋のスタイルでの表現は使わず、全世界に対応するスタイルを採用した」と説明した。

2000年のシドニー五輪以降、高い実力を誇るロシアがシンクロの試合で常に王座に座っている。ロシアが出場している試合では、他のチームには優勝の希望がないといってもいいほどの強さだ。しかし、近年、中国は同種目で台頭し、常にロシアの後に付ける存在になっており、今では金メダル奪取に向けて新たな努力も始めている。

今回銀メダル2個を獲得した孫文雁選手は、「7位や8位から始めて、08年にメダルを取り、12年には井村コーチの指導の下、銀メダルを取った。他のチームと同じく、私たちの目標もロシアを超えることだ。難しいのは分かっているが、必ずその日が来ると信じている」と意気込みを話した。(提供/人民網日本語版・編集KN)