打ち寄せられた10頭のクジラを救おうと海水浴客らが協力、無事に海へ帰すことに成功

写真拡大

多くの海水浴客らが協力して、打ち寄せられたクジラたちを救った動画が話題となっている。

クジラを押し、沖へと誘導して救助

この動画が撮影されたのは西アフリカ沖にあるカナリア諸島の1つ、ランサローテ島。

そのLas Coloradasビーチに8月18日の午前、10頭近くのゴンドウクジラの小さな群れが接近。危うく浜に打ち上げられそうになっていた。

そこで海水浴客らが海に入り、砂底に引っかかっていたクジラたちを押したり、近寄らないよう水しぶきを上げたりと救助を開始。

さらに群れが浜から少し離れたあとも、2度とビーチへ戻らないよう多くの人が沖へとクジラを誘導していったそうだ。

全てのクジラを救うことに成功

これを撮影していたのは、地元にあるRubiconダイビング・センターのNatasha Maksymenkoさん。

彼女によれば最初、人々は余りにも恐ろしくて海の中には入れなかったという。

しかしその後Natashaさんの仲間たちが救おうとしている姿に促され、日光浴をしていた人や通りかかった人まで救助に参加。

クジラの体に海水をかけ続けたりして、最終的に全てのクジラを救うことができたそうだ。

彼女はフェイスブックの中で「個人的に私はこのような機会が持てて、誇りに思っています。そして私自身の手でゴンドウクジラの赤ちゃんを救うことができて感動しています。私は決して彼の瞳を忘れないでしょう」と語っている。

動画には大人はもちろん、子供たちまで海に入って皆でクジラを救う場面が写っている。ぜひチェックしていただきたい。