写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは8月23日、パイオニアブランドより、ネットワークCDレシーバーシステム「X-HM76」を発表した。発売は9月中旬。価格はオープンで、推定市場価格は60,000円前後(税別)。

X-HM76は、ハイレゾ音源に対応したネットワークCDレシーバーに2ウェイスピーカーを組み合わせたシステム。192kHz/24bitまでのWAV、FLAC、AIFF、Apple Lossless、11.2MHzまでのDSDを再生できる。

ネットワーク機能は、有線LANのほか無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n)を搭載。Bluetoothにも対応し、バージョンは4.1、コーデックはSBCとAACをサポートしている。また、今後のファームウェアアップデートにより、「e-onkyoダウンローダー」に対応。PCレスでハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」から楽曲を購入し、USB接続のHDDにダウンロードできるようになる。

インターネットラジオはradiko.jp、radiko.jpプレミアム、tuneInをサポート。このほか、Google Cast for Audioや、AppleのAirPlayにも対応する。入力端子は、RCA×1系統、光デジタル×1系統を装備。フロントパネルにはUSB TypeA×2基を搭載している。

アンプの実用最大出力は50W×2。スピーカーは、25mmドームツイーターと120mmコーン型ウーファーを採用したバスレフ型となっている。再生周波数帯域(-20dB)は50Hz〜40kHzで、インピーダンスは4Ω、出力音圧レベルは83dB/Wとなっている。

サイズと重量は、レシーバーがW290×H98×D333mm/3.5kg、スピーカーがW148×H263×D213mm/3.3kg。

○X-HM76をベースに、さらに音質を追求した単品モデルも同時発売

X-HM76のレシーバ部をベースに、さらに高品位なサウンドを楽しめるようにチューニングしたネットワークCDレシーバー「XC-HM86」と、スピーカーシステム「S-HM86-LR」も同時発表した。発売は9月中旬。価格はオープンで、推定市場価格は、XC-HM86が55,000円前後、S-HM86-LRが35,000円前後(いずれも税別)。

レジーバーのXC-HM86は、厳選したオーディオ専用パーツを使用するとともに、実用最大出力を65W×2に向上。スピーカーのS-HM86-LRは、グラスファイバーコーンを使用した130mm径ウーファーを搭載し、高音質を実現している。再生周波数帯域(-20dB)は45Hz〜40kHzで、インピーダンスは4Ω、出力音圧レベルは82dB/Wだ。

(村田修)