ジャグリング世界選手権で日本人が優勝!華麗な技に目を奪われる

写真拡大

世界中を沸かせたリオ五輪が終わり、アスリートの華麗な技の余韻に浸る人も多いだろう。

そのアスリートの技にも引けを取らない、「ジャグリング」世界チャンピオンに輝いた日本人の技が、世界で評判を呼んでいる。

社会人兼ディアボロ(中国コマ)の選手

ジャグリングとは、Wikipediaによれば、「複数の物を空中に投げたり取ったりを繰り返し、常に1つ以上の物が浮いている状態を維持し続ける技術」。

大道芸や曲芸にとどまらず、スポーツとして世界中に愛好家が増え、国際大会も開催されている。

7月末に米国・テキサスで開催されたIJA2016ステージジャグリング世界選手権大会で優勝したのが、「社会人しながらディアボロ(中国コマ)の選手」、亀井大輝さんだ。

2016-08-23_18h40_05

Facebook / International Jugglers’ Association

世界選手権大会の決勝戦は、1947年に設立された国際ジャグリング協会が毎年開催する、歴史ある国際フェスティバルの枠内で行われる。

「売れるエンターテイメント」としてのジャグリング

世界選手権の目的は、トップレベルのジャグリングのパフォーマンスを顕彰し、「売れるエンターテイメント」として幅広くオーディエンスにアピールすること。

個人、団体、ジュニア(18歳以下)の3部門でコンペティションが行われ、個人部門で優勝した亀井さんは、金メダルとトロフィー、賞金1万ドルを獲得した。

2016-08-23_19h07_59

Facebook / 亀井 大輝

2016-08-23_19h08_09

Facebook / 亀井 大輝

日本人選手の優勝で、日本でもジャグリング人気が高まるかもしれない。