「サンシャイン水族館」来春一部リニューアル 5つの新展示が登場/「天空のペンギン」/画像提供:サンシャインシティ

写真拡大

【サンシャイン水族館/女子旅プレス】東京・池袋の「サンシャイン水族館」の屋外エリア「マリンガーデン」が、2016年8月31日(水)をもって一部展示をクローズ。2017年春のリニューアルオープンと共に「天空のペンギン」「草原のペンギン」など世界初を含む5つの新展示が登場する。

【さらに写真を見る】「サンシャイン水族館」来春一部リニューアル/ケープペンギンが草原で暮らす日常を再現した「草原のペンギン」

◆「マリンガーデン」に世界初の展示が登場


今回のリニューアルに伴い、施設コンセプトである「天空のオアシス」を象徴する屋外エリア「マリンガーデン」を、青空の下で開放感、透明感、躍動感、水と緑と生命を感じられる非日常感溢れる展示で満たし、さらに夕暮れからは青を基調とした照明演出が加わった幻想的な“ナイト水族館”を楽しめる空間へと一新する。

◆注目の新展示


今回登場する5つの新展示は、生き物たちのリアルな暮らしの中に入っていけることが魅力のひとつ。そのうち、上空に水槽を設置することでケープペンギンが都会の空を泳いでいるように見える「天空のペンギン」、ケープペンギンが草原で暮らす日常を再現した「草原のペンギン」は世界初の展示となる。

さらに、草むらを駆け、急流に潜るコツメカワウソの姿を展示する「川辺のカワウソ」、モモイロペリカンの迫力ある水中での摂餌風景を真下から観察できる「水中のペリカン食事タイム」、通常地球の裏側でしか見られない、アマゾン川の魚たちが水上ジャンプする貴重なシーンを再現した「アマゾンジャンプタイム」が新展示として登場する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■サンシャイン水族館


住所:東京都豊島区サンシャインシティ東池袋3-1ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:4月1日〜10月31日10:0〜20:00、11月1日〜3月31日10:00〜18:00※最終入場は終了1時間前
電話番号:03-3989-3466
東京メトロ有楽町線・東池袋駅徒歩約5分