味の素は、「飲酒の季節嗜好傾向」および「飲酒後の体調変化」などの実態を把握するために、月に2回以上お酒を飲む20歳〜59歳の全国の男女400名を対象に、アンケート調査を実施。その結果、約8割が「夏は他の季節と比べて、お酒を飲みたいと思うことが多くなる」と回答しており、その主な理由は「暑いから」(79.8%)「のどが渇くから」(71.0%)と、体の冷却や水分補給を目的として、お酒を選んでいる実態がうかがえる結果となった。

一方、7割以上が夏に汗をかいて、のどがカラカラな状態でお酒を飲んでいることも判明。また、宴会・飲み会でお酒を飲んだ際、約9割の人がトイレが近くなる傾向があり、宴会・飲み会の終了後、≪倦怠感≫≪ねむ気≫≪むかむか≫≪食欲低下≫などの症状になったことがある人が6割以上と、半数以上の人が水分不足による体調の変化を感じていることもわかった。宴会・飲み会の終了後、体の調子を整えるために「飲んでいるもの」と「飲むべきだと思うもの」は「水」がそれぞれ73.8%、64.3%と他の飲料に比べて圧倒的に多い結果となった。

「飲酒後の体調変化」などの実態

夏の暑い時期、渇いた体に水分補給という名目でアルコールを選んでしまいがちだが、実はアルコールは、その利尿作用から、逆に体から水分を排出し、ますます水分不足が進んでしまう恐れがあることは、あまり認識されていない。一方で、水分補給として多くの人が飲んでいる「水」も、水分不足が進んだ状態で電解質を伴わず摂取すると、逆に水分不足が進むことはあまり知られていない。

■他の季節と比べて「夏はお酒を飲みたくなる」が8割近く。理由は「暑いから」「のどが渇くから」

最もお酒を飲む季節を聞いたところ、「夏」が71.5%と他の季節と大きく差がつく結果となった。一方で、夏は他の季節と比べてお酒を飲みたいと思うことが多くなるかを聞いたところ、8割近くの人が「はい」と回答。その理由を聞いたところ、「暑いから」が79.8%、次いで「のどが渇くから」が71.0%となった。体の冷却や水分補給を目的として、お酒を選んでいる実態がうかがえる。

「飲酒後の体調変化」などの実態 「飲酒後の体調変化」などの実態

「飲酒後の体調変化」などの実態

■夏ならではのお酒を飲むシチュエーションは「ビアガーデン」がトップ、次いで「バーベキュー」

夏ならではのお酒を飲むシチュエーションでは、第1位が「ビアガーデン」(54.5%)、第2位が「バーベキュー」(43.0%)、第3位が「夏祭り」(32.0%)という結果になった。開放的な屋外で飲むイメージが強い一方で、意外にも、同じく夏らしい屋外イベントの「野外イベント」「プール」「テーマパーク」といった場所での飲酒イメージは10%以下と、お酒を飲む場所としてイメージされにくいことがわかった。

「飲酒後の体調変化」などの実態

■のどがカラカラの状態でお酒を飲むことが「ある」が7割。飲酒後「トイレが近くなる」が約9割

夏、汗をかいてのどがカラカラの状態でお酒を飲むことがあるかを聞いたところ、「よくある」「たまにある」と回答した人を合わせて7割以上と、多くの人がのどがカラカラの状態でお酒を飲んでいることが明らかになった。また、宴会・飲み会でお酒を飲んだ際、トイレが近くなると思うかを聞いたところ、「とても思う」「どちらかと言えば思う」と回答した人を合わせて約9割と、トイレが近くなる人がとても多いことがわかった。

「飲酒後の体調変化」などの実態

「飲酒後の体調変化」などの実態

アルコールには利尿作用がある。お酒を飲んでいない状態のときは、脳から腎臓へ、尿の量を調整するホルモンが出ている。しかし、アルコールはその働きを抑えてしまうため、尿の量は増加。のどが渇いたときや汗をかいた後、アルコールを飲んで水分を補給したつもりでも、実際は水分の大半が体の外へ出てしまい水分不足のままになっている可能性がある。水分不足に陥っていないかどうか、体からのサインを見逃さず、適切な水分補給をしておきたい。

■飲酒後、≪倦怠感≫≪ねむ気≫≪むかむか≫≪食欲低下≫などの経験アリが6割以上

宴会・飲み会の終了後、≪倦怠感≫≪ねむ気≫≪むかむか≫≪食欲低下≫などの症状になったことがあるかを聞いたところ、62.8%の人が「ある」と回答した。これらの症状は一般的に「二日酔い」と言われ、体内の水分不足が進んだ状態で感じる体調不調。主な原因は、「アセトアルデヒド」が体内に残ることのほか、アルコール摂取による利尿作用で陥る「脱水状態」があげられる。

「飲酒後の体調変化」などの実態

■宴会・飲み会後、体の調子を整えるために《飲んでいるもの》《飲むべきもの》は、ともに「水」が1位

宴会・飲み会の終了後、体の調子を整えるために《飲んでいるもの》と《飲むべきもの》をそれぞれ聞いたところ、《飲んでいるもの》では、「水」が73.8%でトップ、《飲むべきもの》では、「水」が64.3%でトップとなり、ともに「水」が1位という結果になった。また、《飲むべきもの》と認識しつつも実際に飲んでいる割合が特に少ないのは「経口補水液」で、《飲むべきもの》が14.8%に対し、《飲んでいる》が6.5%であった。

「飲酒後の体調変化」などの実態

経口補水液は、体で「水と電解質」(体液)が不足しているとき、通常の体液量に素早く戻すことを目的に、糖分やナトリウム(塩分)などの電解質が含まれた飲料。ナトリウムは一般的に80〜115mg/100ml含まれており、生活の場面や体調に応じて塩分濃度の異なる経口補水液を使用する。お酒や食事とともに摂取すると濃度が変化し、水分吸収速度が遅くなるなど、十分な働きが得られない。水などで薄めず、そのまま飲むことが大切だ。

宴会・飲み会終了後に飲む飲料として、経口補水液の特長をそれぞれ提示し、どの程度飲みたいと思うかを聞いたところ、どの項目も「とても飲みたいと思う」と「まあ飲みたいと思う」を合わせて7割以上という結果となり、高い嗜好性があることがわかった。一方で、「とても飲みたいと思う」と回答した人が多い順に項目を見ると、多い順に「味が美味しい」(40.5%)、「水分の体への吸収が早い」(36.3%)、「電解質バランスが良い」(31.3%)、「水分が体内で保持される」(30.8%)となった。

この結果から、宴会・飲み会終了後に飲む経口補水液には「水分の体への吸収が早い」「電解質バランスが良い」「水分が体内で保持される」といった機能性も支持されている一方、「味の美味しさ」という嗜好性がより多く求められている傾向にあることがわかった。

「飲酒後の体調変化」などの実態

本調査の監修を担当した、済生会横浜市東部病院 周術期支援センター長兼栄養部部長の谷口英喜先生は、調査結果を受けて次のようにまとめる。

「アルコールは、飲めば飲むほどに体の水分を奪います。例えば、ビールを1リットル飲むと、失われる水分は1.1リットルにもなることが報告されています。これからの季節、暑さや夏バテでただでさえ体は脱水傾向になっています。そんな状態でアルコールを摂取すれば、体調を崩すことも危惧されます。そうは言っても、暑い夏、アルコールを摂取する機会も増えるでしょう。

アルコールと上手くお付き合いする方法は、まず過剰摂取(飲み過ぎ)を防ぐこと。アルコールを飲むなら、同時に沢山の酒の肴と水分を摂ること。そして、アルコールを飲んだ後は、アルコールを早く代謝させるために、アルコールによる脱水状態から体を早く回復させるために、適切な水分補給を心がけて下さい。長く楽しくアルコールとお付き合いするためにも、お試し下さい」

同社は、夏の宴会・飲み会の前後に、素早く体に水分補給でき日常的に飲みやすい『経口補水液』を賢く取り入れる“水活”(日常生活での賢い「経口補水液」活用)を提案するという。この夏は、「水」ではなく「経口補水液」をうまく活用して、脱水症状を防ぎ、体の調子を整えてみてはいかがだろうか。

【調査概要】
調査期間:2016年6月6日〜6月7日
調査方法:WEBアンケート(ネオマーケティング「アイリサーチ」)
調査対象:月に2回以上、お酒を飲む20歳〜59歳の全国の男女400名
調査企画:味の素

文/編集部